官公庁向けセキュリティ・ソリューション

官公庁を狙う高度なサイバー攻撃は 3分に1回の頻度で発生

サイバー攻撃の背後にいるのは、人格のない国家や企業、マシン、ソフトウェアではなく、あくまでも人です。 そうした攻撃者が国家や政府の利害を狙うときには、やはり人がほしいと思うもの、すなわち金銭、機密情報、個人情報を標的とします。 敵を知り、 特徴を踏まえた防御策を講じる。 それが、被害を防ぐために必要なことです。

FireEyeの適応型防御アプローチは、独自のテクノロジーと脅威情報、豊富な経験に基づく専門知識を組み合わせることにより、官公庁や独立行政法人を狙う高度なサイバー攻撃を検知、防御します。

vertical-government

ホワイトペーパー

政府機関にセキュリティの刷新を迫る高度なサイバー攻撃について解説します。

ダウンロード 

背景情報

政府機関が高度なサイバー攻撃で狙われやすい理由を解説します。

表示する 

ソリューション・マップ・ガイド

FISMA、NIST、SANSのコンプライアンスおよびセキュリティ・コントロール仕様に向けたFireEyeプラットフォームの対応状況について。

表示する 

政府機関や地方自治体など官公庁にとってのメリット

サイバー攻撃の検知、防御、対応を支援

  • 高度なサイバー攻撃対策の基盤として、継続的な監視を実施
  • 世界中から収集された脅威情報で、潜在的な攻撃者やその目的、手口を把握
  • 攻撃を検知して、防御や封じ込めなどのインシデント・レスポンスを実施するまでの時間を従来の数か月から数分に短縮

コストを抑えながら各種の規制に対応したセキュリティ・ソリューション

  • NIST-800 53や連邦情報セキュリティ・マネジメント法(FISMA)、SANS Consensus Audit Guidelines(CAG)に規定された要件のほか、EU、NATO、Australian Defense Signals Directorate(ASD)のガイドラインに対応
  • 地方自治体、中央官庁ごとの予算規模に対応
  • 管理負荷を軽減し、セキュリティ担当者は複雑なデータ解析作業ではなく、セキュリティ対策に専念