Texture Side Right Grey 01

官公庁向けセキュリティ

ミッション・クリティカルな政府機関のネットワークと重要インフラを狙う、進化し続ける脅威を防御

世界中の政府機関のネットワークや重要インフラは、絶えず攻撃グループに狙われていますが、攻撃者の特徴は決して同じではありません。攻撃は日々進化しています。ハクティビスト、国家、サイバー攻撃者は、人材、プロセス、テクノロジーに大きな負担を強いており、政府機関のセキュリティ対策は極限まで追い詰められています。今こそ、セキュリティ業界で最も強靱な政府機関向けソリューションを利用して、敵の優位性を突き崩す必要があります。

Case Study

クラウド・スマート時代のサイバー・セキュリティ・コンプライアンス

コストを抑えながら各種の規制に対応したセキュリティ・ソリューション

FedRAMP Logo

FedRAMP

FireEye Eメール脅威対策(ETP)セキュリティ・サービスは、FedRAMP要件に適合しています。

Endpoint Security

エンドポイント・セキュリティ

FireEyeエンドポイント・セキュリティはNIST基準に準拠しており、インテリジェンスに基づいたソリューションを政府機関や公共教育機関に提供し、検査と解析を効率化します。

DHS logo

CDM

FireEyeは、セキュリティ戦略の一環として、CDM要件を満たす代理店のサイバーリーダーと連携しています。

選挙のセキュリティ

選挙のセキュリティ

サイバー攻撃者は、地方自治体の投票や選挙システムに混乱をもたらす可能性があります。その方法は、正当な投票者を無資格にしたり、データを破壊してサービス妨害攻撃を行ったりと、さまざまです。

DHS Logo

Shared Cybersecurity Services Program (SCSP)

DHSは、FireEye Threat Intelligenceの3年間のサブスクリプションを購入することにより、民間機関に革新的な商業情報を提供します。

セキュリティのあらゆる側面を強化

人材、プロセス、テクノロジー

FireEyeは、地方自治体から国家レベルまでを含む、世界中の政府機関と提携し、セキュリティのあらゆる側面を強化しています。

FireEyeのソリューションの仕組み

コストを抑えながら各種の規制に対応したセキュリティ・ソリューション

  • NIST-800.53、連邦情報セキュリティマネジメント法(FISMA)、SANSコンセンサス監査ガイドライン(CAG)の要件に適合、またFedRAMPのセキュリティ要件に適合
  • EU、NATO、オーストラリア電子通信局(ASD)のガイドラインに適合
  • 地方自治体、中央官庁ごとの予算規模に対応
  • 手間を削減し、セキュリティ・チームがセキュリティ対策に専念

政府機関に関するブログ

お客様のコメント

“顧客データを積極的に保護し、高いセキュリティを提供できる企業は、顧客離れを防ぎ、ブランド・ロイヤリティを高めることができます”

- Forrester Research

関連リソース

さあ、今すぐ始めましょう。

FireEyeのソリューションやその導入方法など、疑問点は何なりとお尋ねください。
当社が誇るセキュリティの専門家が、いつでもお答えできるよう準備してお待ちしています。

+81 3 4577 4401 +1 888-227-2721 +61 281034308 +32 28962867 +1 877-347-3393 +971 45501444 +358 942451151 +33 170612726 +49 35185034500 +852 3975-1882 +91 80 6671 1566 +353 (0)216019160 +39 0294750535 +03 77248276 +52 5585268207 +31 207941289 +64 32880234 +48 223072296 +7 4954658084 +65 31585101 +27 105008408 +82 7076860238 +34 932203202 +94 788155851 +46 853520870 +886 2-5551-1268 +27873392 +44 2036087538 +842444581914