スピアフィッシング - 攻撃が成功している理由とその対策

スピアフィッシング攻撃が急増しています。サイバー犯罪者が行う攻撃の手法が劇的に変化し、無差別型の攻撃ではなく高度な標的型攻撃が増えています。この攻撃方法は組織に重大な被害を及ぼしています。多くの企業が、進化する脅威を効果的に阻止できる方法を求めています。

このホワイトペーパーの内容は次のとおりです。

  • スピアフィッシングの概要と特徴
  • スピアフィッシングの事例
  • スピアフィッシングを防ぐために組織が必要する保護対策

プレビュー

サイバー犯罪者が行う攻撃の手法が劇的に変化しています。無差別型の攻撃ではなく高度な標的型攻撃が急増し、組織に重大な被害を及ぼしています。RSA、HBGary Federal、Operation Auroraなどの高度な標的型攻撃では、スピアフィッシングが利用されています。従来のセキュリティ対策だけではスピアフィッシング攻撃を阻止できないことがその原因です。このホワイトペーパーでは、高度な標的型攻撃で利用されるスピアフィッシングについて詳しく説明します。スピアフィッシングの概要、特性、主な事例について説明し、最後に、このように新たに発生する脅威を防ぐために必要な保護対策について解説します。

フィッシング詐欺は、個人情報やネットワークアクセスの認証情報を取得するために犯罪者が事前に行う攻撃です。これらの攻撃はネットワークに侵入するための入口となります。フィッシング詐欺では、ソーシャルエンジニアリングと技術的な策略の両方を駆使し、攻撃対象を騙して添付ファイルを開かせたり、メール内のリンクをクリックさせたりして、重要な情報を盗み出そうとします。

右側のフォームに入力して続きをご覧ください。

ホワイトペーパーのダウンロード: