ONEキャンペーンのロゴ


サイバー攻撃は、
たった1通のEメールから始まる。

すべては「1人」のユーザーが受信した、
「1通」のメールから始まった。

その「1クリック」で、「1台」が感染。しかし被害は「1企業」のネットワーク全体に。

増加の一途をたどるスピア・フィッシング、ランサムウェアやなりすまし攻撃の傾向は?

  • サイバー犯罪の91%は「Eメール」がきっかけで発生
  • 不正なリンクや添付ファイルを持つEメールの割合は101通に1通
  • 2017年のランサムウェアによる被害額は50億ドル(約5,600億円)

 

Infographic

5億通を超えるEメールの分析によって明らかになった攻撃の実態とは?

Eメール脅威レポート – 2019年第1四半期

サイバー犯罪の91%がEメールをきっかけとしていると言われる今、ビジネスを守るために、Eメール攻撃の動向を把握しておくことは必須です。

本レポートでは、2019年1~3月に観測された最新のEメール攻撃動向について説明しています。

  • URLを用いて不正コンテンツをダウンロードさせる手法が主流となっている
  • 第1四半期のフィッシング攻撃件数は、前四半期と比較して17%増加した
  • 第1四半期はなりすまし攻撃が増加し、第2四半期も引き続き増加するものと見られる
  • CEO詐欺がサイバー犯罪者の資金源となっており、新たな2つの手法が出現している
  • 社会的信用を脅かす恐喝攻撃が、2018年から2019年第1四半期まで継続している
  • 有償無償を問わず、ファイル共有サービスを悪用した不正コードの配布が行われている
  • 不正なコンテンツの配信に、入れ子式のEメールが用いられている

Report

Eメール脅威レポート – 2019年第1四半期

“1日平均6,400通のEメールを受信していますが、その半数がジャンク・メールやスパム・メールです。不正な添付ファイルの多くは暗号化されており、ファイアウォールでは対策できません  ”

- ジェレミー・テイラー(Jeremy Taylor)氏, ネットワーク・マネージャ、米航空学校信用組合

関連リンク

関連リンク

もう「1段」深く

セキュリティの最前線で活躍する700人以上の専門家を持つ「1社」をパートナーにすることから対策は始まります。
20年以上に及ぶ業界経験を有するそのパートナーが、あなたを守ります。