Threat Intelligenceの画像

Threat Intelligenceサブスクリプション・サービス

より効果的なセキュリティのためのインテリジェント・パス

Threat Intelligenceサブスクリプション・サービス

インテリジェンス、統合、サポートのレベルについては、セキュリティ・プログラムのニーズに合わせてお選びいただけます。

Strategic(戦略)インテリジェンス

  • 最も可能性の高い脅威および攻撃者に合わせてセキュリティ・リソースの調整方法を知る
  • 重要な経営判断やセキュリティ・リソース計画に関連する、ビジネス上および技術上のリスクを管理する

Operational(運用)インテリジェンス

  • アラートの優先度を判断し、コンテキスト情報を追加することで、効果的かつ効率的にインシデント対応できるようにする
  • 機械処理可能な精度の高い侵害インジケーター(IOC)と、関連するコンテキスト情報により、防御を強化する

Vulnerability(脆弱性)インテリジェンス

  • 組織に最も重大な脅威を与える脆弱性の優先度を判断する
  • パッチの実行、実行しない場合は脆弱性を最小限に抑える選択肢について理解する

Cyber Crime(サイバー犯罪)インテリジェンス

  • 金銭目的の犯罪に特化した攻撃者について把握する(攻撃者の標的、攻撃の方法、攻撃の目的など)
  • 詐欺行為、認証情報の入手、闇市場、およびインフラの整備についての解析情報を取得する

Cyber Espionage(サイバーエスピオナージ)インテリジェンス

  • 戦略的に優位に立つために、企業や政府機関を標的とする攻撃者に関する理解を促進する
  • より適切に組織を守るために、追跡した攻撃グループの戦術、技術、手順(TTP)に関する知見を活用

Fusion(融合)インテリジェンス

  • 包括的なパッケージとして、Operational、Cyber Crime、Cyber Espionageの各インテリジェンス・サービスを含む
  • 攻撃のライフサイクル全体に関する知識を活用し、対象となる攻撃者のTTPに対する防御対策を準備

Threat Intelligenceサブスクリプション・サービス

インテリジェンス、統合、サポートのレベルについては、セキュリティ・プログラムのニーズに合わせてお選びいただけます。

最高レベルの包括性

Fusion(融合)

Fusion(融合)

きわめて広範な状況認識により、世界中のセキュリティ脅威に幅広く対処できるようになります。攻撃者とその活動のほか、ツール、戦術、手順(TTP)を可視化し、深い理解を可能にします。サイバー攻撃のすべての動機を網羅した高度な調査と解析で組織を支援します。Fusionインテリジェンスでは、解析レポートと技術的インテリジェンスを最適に組み合わせ、予防的なセキュリティ対策に役立てます。

動機ベース

サイバーエスピオナージ

サイバーエスピオナージ

企業や政府機関を標的とし、戦略的優位に立つために情報を収集する攻撃者について、高度なインテリジェンス解析を実施し、インサイトを提供します。Cyber Espionageインテリジェンスでは、最新の攻撃者の方針、戦略、教義、戦術に関するプロファイルを確認できます。日々進化する動機についてのインサイトを得て、組織のセキュリティ体制を強化できます。

Cyber Crime(サイバー犯罪)

Cyber Crime(サイバー犯罪)

高度なインテリジェンスおよび技術解析を通じて、コンピューター・システムの悪用、サイバー犯罪活動、金品窃取やサービス妨害へのユーザーの対応を強化します。Cyber Crimeインテリジェンスでは、認証情報の窃取と悪用、ランサムウェア、DDoS(分散サービス妨害)攻撃、ネットワーク侵害、POS(Point-of-Sale)、モバイル・マルウェア、マルウェアなどに対する組織の理解を促進します。

機能ベース

Strategic(戦略)

Strategic(戦略)

組織が抱えるリスクを意思決定者に伝え、情報に基づく的確なセキュリティ投資および戦略を実現します。業種や地域、企業ネットワークを標的とする脅威に関するインテリジェンスの解析も実施し、自社との関連性が高いセキュリティ・トピックに関する経営幹部レベルのコミュニケーションを促進します。

Operational(運用)

Operational(運用)

アラートに対する具体的なコンテキスト情報を提供して、セキュリティ・アナリストが的確に優先度を判定し、情報に基づいた対応をとれるようにします。Operationalインテリジェンスでは、マルウェアに関するインテリジェンス・レポートを網羅するライブラリのほか、攻撃者の概要やインジケーターをまとめたレポートも参照できます。

Vulnerability(脆弱性)

Vulnerability(脆弱性)

実際に悪用されている関連性の高い脆弱性に基づいて、パッチ管理の優先度を判断します。脆弱性アナリストは、最も関連性の高い脆弱性にも自信を持って対応できるようになります。Vulnerabilityインテリジェンスでは、脅威インテリジェンス・レポートに関連する重要インフラと脆弱性も対象となります。

Forrester New Waveのロゴ


Forrester New Wave™の
「2018年第3四半期 外部脅威インテリジェンス・サービス」でFireEyeがリーダーに

“サイバー脅威インテリジェンス(CTI)サービスは、組織全体の関係者間における脅威情報の共有を実現し、セキュリティ脅威への効果的な対応を可能にするサービスです。”

FireEye Threat Intelligenceのサポート

FireEyeでは、お客様を成功へと導き、インテリジェンスへの投資の価値を最大限に引き出すために、
3つのレベルのサポートを用意しています。

Baseline(L1)

インテリジェンス・ポータルの使用、カスタマー・サポート・デスクとのやり取り、Intelligence API導入の設定に必要となる、基本的な資料とプロセスを把握します。

Coordination(L2)

Baselineのサポート手順に加えて、FireEyeのThreat Intelligenceアナリストおよび専任のインテリジェンス・イネーブルメント・マネージャー(IEM)に問い合わせることができます。IEMはお客様の総合連絡窓口として、FireEye Threat Intelligenceに関するあらゆる事柄について、信頼のおけるアドバイザーおよび連絡窓口の役割を果たします。

Optimization(L3)

BaselineおよびCoordinationに加えて、指定のインテリジェンス最適化アナリストは、既存の脅威情報レポートの精査、脅威プロファイルの管理、注目する脅威の概要の配信など、固有のセキュリティ上の懸念に対応します。

アナリストの常駐

  • FireEyeおよびMandiantのグローバルな視点、情報、知見を活用することにより、カスタマイズされた脅威情報を作成可能
  • 顧客固有の調査および解析を開発できる専任のアナリストにより、チームの能力を強化
  • 脅威インテリジェンスと情報セキュリティの専門知識に基づく、有益な情報を提供

FireEye Threat Intelligenceの特長

世界各地のインテリジェンス専門家により、
豊富なコンテキスト情報を含む広範かつ具体的な脅威インテリジェンスが24時間体制で配信されます。

世界各国のインテリジェンス組織

世界各国のインテリジェンス組織

世界23か国にわたって、30以上の言語を理解する数百人のインテリジェンス研究者が、それぞれの現場から攻撃者に関する知見を提供します。

FireEyeインテリジェンス・ポータル

FireEyeの脅威情報レポートや、攻撃者、業界、地域、マルウェアについての脅威情報へオンラインでアクセスできます。

アナリスト・アクセス

アナリスト・アクセス

攻撃者と脅威情報、および脅威情報を自社に適用する方法について明確にし、理解を深めることができます。

Browser Plugin

Browser Plugin

Scans webpages for technical indicators and queries the Intel API to find matches in our intelligence holdings.

Intel Portal

Intel Portal

On-demand access to the complete library of historical reporting for your specific subscriptions and tools.

ユーザー数無制限

ユーザー数無制限

すべての従業員が追加コストなしで、FireEye Threat Intelligenceのメリットを受けられます。

インテリジェンス・ジャンプスタート・ワークショップ

お客様のセキュリティ・オペレーションに脅威情報を効果的に統合するための、対話形式のワークショップです(オプション)。

Intelligence API

FireEye Intelligence APIは、セキュリティ管理やリスク管理に関する既存のプロセスやソリューションに、業界有数の脅威インテリジェンスを自動的に取り込むための仕組みです。

関連リソース

さあ、今すぐ始めましょう。

FireEyeのソリューションやその導入方法など、疑問点は何なりとお尋ねください。

当社が誇るセキュリティの専門家が、いつでもお答えできるよう準備してお待ちしています。

+1 888-227-2721 +61 281034308 +32 28962867 +1 877-347-3393 +971 45501444 +358 942451151 +33 170612726 +49 35185034500 +852 3975-1882 +91 80 6671 1566 +353 (0)216019160 +39 0294750535 +81 3 4577 4401 +03 77248276 +52 5585268207 +31 207941289 +64 32880234 +48 223072296 +7 4954658084 +65 31585101 +27 105008408 +82 7076860238 +34 932203202 +94 788155851 +46 853520870 +886 2-5551-1268 +27873392 +44 2036087538 +842444581914