Texture Top Left Grey 03
Threat Intelligenceの画像

Threat Intelligenceサブスクリプション・サービス

より効果的なセキュリティのためのインテリジェント・パス

Threat Intelligenceサブスクリプション・サービス

インテリジェンス、統合、サポートのレベルについては、セキュリティ・プログラムのニーズに合わせてお選びいただけます。

Fusion(融合)インテリジェンス

  • 包括的なパッケージとして、Operational、Cyber Crime、Cyber Espionageの各インテリジェンス・サービスを含む
  • 攻撃のライフサイクル全体に関する知識を活用し、対象となる攻撃者のTTPに対する防御対策を準備

Strategic(戦略)インテリジェンス

  • 最も可能性の高い脅威および攻撃者に合わせてセキュリティ・リソースの調整方法を知る
  • 重要な経営判断やセキュリティ・リソース計画に関連する、ビジネス上および技術上のリスクを管理する

Operational(運用)インテリジェンス

  • アラートの優先度を判断し、コンテキスト情報を追加することで、効果的かつ効率的にインシデント対応できるようにする
  • 機械処理可能な精度の高い侵害インジケーター(IOC)と、関連するコンテキスト情報により、防御を強化する

Vulnerability(脆弱性)インテリジェンス

  • 組織に最も重大な脅威を与える脆弱性の優先度を判断する
  • パッチの実行、実行しない場合は脆弱性を最小限に抑える選択肢について理解する

Cyber Physical(サイバーフィジカル)インテリジェンス

  • 産業環境と運用技術(OT)が直面するサイバー脅威とリスクに関する実用的な情報
  • FireEyeのOTおよび産業制御システム(ICS)に関するすべての情報を含む

Cyber Crime(サイバー犯罪)インテリジェンス

  • 金銭目的の犯罪に特化した攻撃者について把握する(攻撃者の標的、攻撃の方法、攻撃の目的など)
  • 詐欺行為、認証情報の入手、闇市場、およびインフラの整備についての解析情報を取得する

Cyber Espionage(サイバーエスピオナージ)インテリジェンス

  • 戦略的に優位に立つために、企業や政府機関を標的とする攻撃者に関する理解を促進する
  • より適切に組織を守るために、追跡した攻撃グループの戦術、技術、手順(TTP)に関する知見を活用

Forrester New Waveのロゴ

Forrester New Wave™の
「2018年第3四半期 外部脅威インテリジェンス・サービス」でFireEyeがリーダーに

“サイバー脅威インテリジェンス(CTI)サービスは、組織全体の関係者間における脅威情報の共有を実現し、セキュリティ脅威への効果的な対応を可能にするサービスです”

FireEye Threat Intelligenceのサポート

FireEyeでは、お客様を成功へと導き、インテリジェンスへの投資の価値を最大限に引き出すために、
3つのレベルのサポートを用意しています。

Baseline(L1)

インテリジェンス・ポータルの使用、カスタマー・サポート・デスクとのやり取り、Intelligence API導入の設定に必要となる、基本的な資料とプロセスを把握します。

Coordination(L2)

Baselineのサポート手順に加えて、FireEyeのThreat Intelligenceアナリストおよび専任のインテリジェンス・イネーブルメント・マネージャー(IEM)に問い合わせることができます。IEMはお客様の総合連絡窓口として、FireEye Threat Intelligenceに関するあらゆる事柄について、信頼のおけるアドバイザーおよび連絡窓口の役割を果たします。

Optimization(L3)

BaselineおよびCoordinationに加えて、指定のインテリジェンス最適化アナリストは、既存の脅威情報レポートの精査、脅威プロファイルの管理、注目する脅威の概要の配信など、固有のセキュリティ上の懸念に対応します。

Advanced Intelligence Accessサービス

  • FireEyeおよびMandiantのグローバルな視点、情報、知見を活用することにより、カスタマイズされた脅威情報を作成可能
  • 顧客固有の調査および解析を開発できる専任のアナリストにより、チームの能力を強化
  • 脅威インテリジェンスと情報セキュリティの専門知識に基づく、有益な情報を提供

FireEye Threat Intelligenceの特長

世界各地のインテリジェンス専門家により、
豊富なコンテキスト情報を含む広範かつ具体的な脅威インテリジェンスが24時間体制で配信されます。

世界中に存在するインテリジェンス組織

世界中に存在するインテリジェンス組織

世界23か国にわたって、30以上の言語を理解する数百人のインテリジェンス研究者が、それぞれの現場から攻撃者に関する知見を提供します。

FireEyeインテリジェンス・ポータル

FireEyeインテリジェンス・ポータル

FireEyeの脅威情報レポートや、攻撃者、業界、地域、マルウェアについての脅威情報へオンラインでアクセスできます。

アナリスト・アクセス

攻撃者と脅威インテリジェンス、および脅威インテリジェンスを自社に適用する方法について明確にし、理解を深めることができます。

ユーザー数無制限

ユーザー数無制限

すべての従業員は、追加コストなしで、FireEye Threat Intelligenceのメリットが得られます。

インテリジェンス・ジャンプスタート・ワークショップ

お客様のセキュリティ・オペレーションに脅威情報を効果的に統合するための、対話形式のワークショップです(オプション)。

ブラウザ・プラグイン

正確なサイバー脅威インテリジェンスへの即時アクセスが可能になります。ChromeとFirefoxに対応しています。

Texture Side Right Grey 03

Intelligence API

FireEye Intelligence APIは、セキュリティ管理やリスク管理に関する既存のプロセスやソリューションに、業界有数の脅威インテリジェンスを自動的に取り込むための仕組みです。

関連リソース

さあ、今すぐ始めましょう。

FireEyeのソリューションやその導入方法など、疑問点は何なりとお尋ねください。
当社が誇るセキュリティの専門家が、いつでもお答えできるよう準備してお待ちしています。

+81 3 4577 4401 +1 888-227-2721 +61 281034308 +32 28962867 +1 877-347-3393 +971 45501444 +358 942451151 +33 170612726 +49 35185034500 +852 3975-1882 +91 80 6671 1566 +353 (0)216019160 +39 0294750535 +03 77248276 +52 5585268207 +31 207941289 +64 32880234 +48 223072296 +7 4954658084 +65 31585101 +27 105008408 +82 7076860238 +34 932203202 +94 788155851 +46 853520870 +886 2-5551-1268 +27873392 +44 2036087538 +842444581914