Texture Top Left Grey 01
Threat Intelligenceの画像

インテリジェンス能力の開発

脅威インテリジェンス機能を最適化

インテリジェンスから得られる大きな価値とは

脅威インテリジェンスを活用、解析、適用する能力を最適化。
専門家のサポートで、インテリジェンス主導の持続可能な組織を構築。
チームの解析能力と脅威ハンティング能力を強化。

組織のインテリジェンス・プログラムと脅威の現状を評価

  • 組織が現在直面している脅威を確認
  • 必要なインテリジェンスとその使用者を特定
  • 現在の脅威インテリジェンス機能を評価
組織のインテリジェンス・プログラムと脅威の現状を評価
要件を満たす最適な脅威インテリジェンス・プログラムを設計

要件を満たす最適な脅威インテリジェンス・プログラムを設計

  • インテリジェンスの適用方法について戦略的、運用的、戦術的なユースケースを策定
  • 人材、テクノロジー、プロセスを含めた機能改善の設計図を作成

セキュリティ・チームの能力を強化

  • 主要なサイバー脅威情報のコンセプトと構造化解析テクニックを用いて、チームの解析スキルを発展させる
  • 基礎的なコンセプトと構造化フレームワークを適用して、脅威ハンティングに対する繰り返し可能なベスト・プラクティスを確認
セキュリティ・チームの能力を強化
Forrester New Waveのロゴ

Forrester New Wave™の
「2018年第3四半期 外部脅威インテリジェンス・サービス」でFireEyeがリーダーに

“サイバー脅威インテリジェンス(CTI)サービスは、組織全体の関係者間における脅威情報の共有を実現し、セキュリティ脅威への効果的な対応を可能にするサービスです”

以下のサービスからお選びください

サイバー脅威インテリジェンス・サービスを構成する各サービスは、任意に組み合わせることも、個別での利用も可能で、
包括的な脅威インテリジェンス・プログラムの開発とメンテナンスをサポートします。

脅威インテリジェンス基盤構築(TIF)

脅威インテリジェンスに対処する能力を向上するための基盤を確立します。関連性の高い脅威、脅威動向に関する情報を必要としている関係者、脅威インテリジェンスを効果的に取り込み、配布するための実際的な手法の特定を支援します。

サイバー脅威診断(CTD)

ビジネスを標的とする攻撃者の動機、意図、能力を含む、基準となる脅威プロファイルを作成します。各プロファイルは、ネットワーク・ログに加え、全世界のアンダーグラウンドなサイトで確認された攻撃活動を解析して作成されます。

インテリジェンス能力評価(ICA)

現在の脅威インテリジェンスに関する能力の有効性と、複数のIT関連の領域および分野にわたるインテリジェンスの総合的な活用能力を評価します。

インテリジェンス能力強化(ICU)

拡張性と再現性に優れるプロセスを含む世界レベルの脅威インテリジェンス・プログラムを策定し、組織全体にわたってインテリジェンスの収集、解析、配布を行います。

解析手法ワークショップ(ATW)

チームで取り組む終日のワークショップを開催し、組織の脅威インテリジェンスに関する能力を社内で活用するために必要な、各種の解析スキルの強化を目指します。

ハント・ミッション・トレーニング(HMT)

戦術に特化したワークショップを開催し、活発な脅威や新たに登場した脅威にも未然に対応できるよう、インテリジェンス主導型アプローチで参加者を指導します。このワークショップは、高度な脅威の検知を担当するSOCやIR、戦術インテリジェンスのアナリスト向けに構成されています。

Mandiantのアプローチ

Intelligence Capability Developmentサービスの規模と範囲は多岐にわたります。どのような場合でも、遭遇した脅威の特定、コンテキスト把握、適応、予測、情報伝達を行う組織の能力強化に特化した内容となっており、次のようなメリットをもたらします。

インテリジェンスの体系的な取り込みおよび統合

サイバー脅威インテリジェンス(CTI)に関する手法や機能、総合的なプログラムを導入するための能力を開発できます。CTIを取り込み、適用する体制を確立することで、長期にわたってリスクを削減し、主要なサイバー・セキュリティ能力とCTIとの統合が実現します。

戦略およびプロセス

戦略的ロードマップを策定し、インテリジェンス主導型の手法でセキュリティの成熟度を向上させることが可能です。主要なセキュリティおよびビジネス・プロセス・コンポーネントで脅威インテリジェンスを認識し、活用できるようになります。

脅威に対する意識とスキルの向上

組織全体で、脅威インテリジェンスの取り込み、解析、適用、伝達に関連するスキルを強化できるため、直面する脅威に対する理解度が向上します。

関連リソース

さあ、今すぐ始めましょう。

FireEyeのソリューションやその導入方法など、疑問点は何なりとお尋ねください。
当社が誇るセキュリティの専門家が、いつでもお答えできるよう準備してお待ちしています。

+81 3 4577 4401 +1 888-227-2721 +61 281034308 +32 28962867 +1 877-347-3393 +971 45501444 +358 942451151 +33 170612726 +49 35185034500 +852 3975-1882 +91 80 6671 1566 +353 (0)216019160 +39 0294750535 +03 77248276 +52 5585268207 +31 207941289 +64 32880234 +48 223072296 +7 4954658084 +65 31585101 +27 105008408 +82 7076860238 +34 932203202 +94 788155851 +46 853520870 +886 2-5551-1268 +27873392 +44 2036087538 +842444581914