コミュニティ・プロテクション: 集団の力でセキュリティ脅威に対抗

目的と情報を共有し、外部の専門家にアクセスできるコミュニティの一員になると、単独では実現できないレベルの力を得ることができます。住民の防犯活動やスポーツ教室は、そのようなコミュニティの代表例です。このコミュニティという概念は、サイバー・セキュリティの強化にも応用できます。

このホワイトペーパーでは、集団の力で安全強化を図る「コミュニティ・プロテクション」という仕組みによって、組織の全体的なセキュリティが強化される理由を解説します。コミュニティ・プロテクションが適切に実現されている場合、組織は次のメリットが得られます。

  • 主要な業種と各業種のトップ企業で収集されたデータへのアクセス
  • Fortune 500企業の65%以上とGlobal 2000企業の825社が属する独自のセキュリティ・エコシステムへの参加
  • 5,000以上のお客様環境で収集された、マシン、被害者、攻撃者に関するインテリジェンスの利用
  • 仮想マシンによる1時間あたり1,400万件以上の解析で、既知および未知のセキュリティ脅威を可視化したリアルタイムの情報へのアクセス
  • 世界各地でセキュリティ脅威の追跡と対応を実施する約1,000名の専門家へのアクセス

ホワイトペーパーをダウンロード

ホワイトペーパーをダウンロード