教育サービス

企業環境の保護・防御を担当するサイバー・セキュリティ・チームにトレーニングを実施

FireEyeの教育サービスは、チームの運用面のスキルを強化するとともに、サイバー攻撃を予防、検知、対応する能力を向上させます。

FireEyeのコンサルティング部門であるMandiantが有する製品知識、高度なサイバー脅威インテリジェンス、インシデント対応の最前線で得られた専門知識など、FireEyeのあらゆる情報リソースに基づくさまざまなコースを用意しています。

Datasheet

教育サービス

お客様のコメント

“以上の傾向を踏まえた結果、今後はセキュリティ対策を構成するすべての要素、つまり、人、プロセス、テクノロジーのすべてに、より一層着目すべきとの結論に達しました。”

- M-Trendsレポート

rpt-mtrends-2018-thumb

お客様のセキュリティ・チームの能力を強化

FireEye製品およびテクノロジーについて学ぶ

FireEye製品およびテクノロジーについて学ぶ

FireEye製品の実装と管理、アラートへの対応と調査、最新のサイバー・セキュリティ脅威からの防御について学ぶ各種コースを用意しています。

  • 講義とハンズオンのラボ演習を融合させたコース
  • サンドボックス環境での演習には実際のマルウェアを使用。実環境へのリスクなし
  • 講師は全員、現場経験豊富なサイバー・セキュリティ専門家
Mandiantによるサイバー・セキュリティ教育

Mandiantによるサイバー・セキュリティ教育

各コースでは、Mandiantの幅広い現場経験に基づいたトレーニングを実施します。受講生は、攻撃者のTTP、ツール、マルウェアを直接体験することにより、理解を深められます。

  • 実践的で現実的なセキュリティ・フレームワークを習得
  • 各コースを通じて、攻撃を検知し、対応するための実績ある方法論について学習
  • インシデントに日々対応しているセキュリティ専門家が講師を担当
ThreatSpace

ThreatSpace

ThreatSpaceは、セキュリティ・チームの技術的な能力、プロセス、手順を評価し、開発することを目的とするテクノロジーベースのサービスです。

  • チームはシミュレート済みの攻撃シナリオを仮想環境で調査
  • シミュレート済みのインフラストラクチャはネットワーク・セグメント、サーバー、アプリケーションなどで構成
  • 実環境に被害が及ぶことなく、チームは実際の脅威に対応
people-education-classroom

教育サービスのハイライト

  • 講師主導型のオンラインおよびeラーニング・コース
  • 幅広い業界・政府機関におけるセキュリティの最前線で活躍し、高度なスキルを有する講師陣
  • 講義と演習は、仮定のシナリオではなく、実際の攻撃事例がベース
  • シミュレート済みの環境、攻撃者の最新のTTPが盛り込まれた現実的なシナリオを使用
  • コースは世界中どこでも受講可能。各地域に所在するコンサルタントがサポート
  • 一貫した教育および演習手法

関連リソース

pictogram-deployment-integration

 

導入と統合

 FireEye テクノロジーへの投資を最大限に活用します。

pictogram-red-team

 

レッドチーム・サービス

人材、プロセス、テクノロジーの観点から、重要資産の保護体制を診断します。

pictogram-tabletop-exercise

 

サイバー攻撃演習

シナリオに基づく攻撃演習で、組織のインシデント対応計画を診断します。

さあ、今すぐ始めましょう。

FireEyeのソリューションやその実装についてなど、何なりとお尋ねください。当社が誇るセキュリティの専門家が、いつでもお手伝いできるよう準備してお待ちしています。

お問い合わせ