Mandiant Response Readiness Assessment(インシデント・レスポンス体制診断)

高度なサイバー攻撃に対する検知、対応、封じ込め体制を診断、改善

Mandiant Response Readiness Assessment(インシデント・レスポンス対応状況評価サービス)は、お客様のセキュリティ・イベント監視状況や使用している脅威情報、インシデント・レスポンス体制を詳細に調査するサービスです。また、コスト効果の高い具体的な改善策を提案します。調査では、Mandiantのコンサルタントがプログラムの各領域を検証し、次の点を確認します。

概要

Response Readiness Assessmentの初期段階では、セキュリティ脅威の検知、対応、封じ込めを実施するための現在の体制を診断します。Mandiantのコンサルタントが、SOCの運用ワークフロー、使用している脅威情報、インシデント・レスポンス・プログラムに関する文書を収集、レビューして、お客様の現状を業界のベスト・プラクティスと比較します。また、お客様組織のスタッフに綿密な聞き取り調査を実施して、お客様固有のプロセスを把握します。

適合規格

適合規格

インシデント・レスポンス計画は、該当する規制および法律の要件に対応しているか。

組織

組織

人員の配置は的確か。各スタッフは、インシデント発生時の役割と責任を明確に理解しているか。

トレーニング

トレーニング

各スタッフは、効果的、効率的にインシデント・レスポンスを実施するためのトレーニングを受けているか。

インシデントの検知

インシデントの検知

発生したインシデントを迅速に検知するための仕組みが整っているか。

プロセス

プロセス

データ漏えい/侵害の発生時に素早く対応するためのプロセスが明確に規定されているか。

テクノロジー

テクノロジー

全社規模でのインシデント・レスポンスに必要なハードウェアとソフトウェアが導入されているか。

サービスの内容と特長

  • 第三者の目で診断
  • ベスト・プラクティスと比較
  • セキュリティ脅威に関する状況説明
  • 机上演習
  • 優先すべき改善策を提案

M-Trends 2017:セキュリティ侵害およびサイバー攻撃の背景にある最新トレンド

特に影響が大きかったセキュリティ侵害やサイバー攻撃の調査結果をもとに、2016年のセキュリティ脅威トレンドを解析します。

レポートをダウンロード

M-Trends 2017 Infographic

世界各地で発生したセキュリティ侵害やサイバー攻撃の現場を調査したMandiantの知見からわかった、最新の攻撃トレンドや統計情報

武堂

リスクを把握して 攻撃を未然に阻止

セキュリティ関係者のさまざまな努力にもかかわらず、コンピュータやネットワークへの侵入を許して、セキュリティ侵害を受ける組織が後を絶ちません。その結果、数百万ドルもの損失や組織の信用失墜、エンドユーザーの個人情報流出などの深刻な被害が相次いでいます。

詳細を見る

「絶え間なく変化するセキュリティ脅威トレンドに対応するためには、セキュリティ・プログラムの継続的な見直しが欠かせません。つまり、セキュリティ・プログラムを継続的なプロセスと捉え、ベスト・プラクティスを実践し、攻撃を防御する具体的な対策を導入する必要があるのです。」

- M-Trends

さあ、今すぐ始めましょう。

当社が誇るセキュリティの専門家が、インシデント対応の支援やコンサルティング・サービスに関する疑問解決など、いつでもお手伝いできるよう準備してお待ちしています。

+1 888-227-2721 +61 281034308 +1 877-347-3393 +358 942451151 +33 170612726 +49 35185034500 +852 3975-1882 +91 80 6671 1241 +39 0294750535 +81 345888169 +03 77248276 +52 5585268207 +64 32880234 +48 223072296 +7 4954658084 +65 31585101 +27 105008408 +82 7076860238 +34 932203202 +94 788155851 +886 2-5551-1268 +27873392 +44 2036087538 +842444581914