サイバー脅威インテリジェンス・サービス

脅威インテリジェンスに関する能力を強化

サイバー脅威インテリジェンス・サービスは、お客様が脅威インテリジェンスを取り込み、解析、適用してビジネスを保護できるように、サイバー脅威インテリジェンス(CTI)プロセスおよびソリューションをセキュリティ体制内で設計、構築するサービスです。このサービスは、インテリジェンス主導型のサイバー・セキュリティ・プログラムを導入する上で必要とされる戦略的プランニング、脅威情報の共有、技術ソリューション、社員の専門知識習得に重点を置いています。

technology-monitors

概要

FireEyeのコンサルティング部門であるMandiantは、サイバー・セキュリティとサイバー脅威インテリジェンスの最前線で10年以上にわたり活動を続けてきました。こうした経験に基づき、FireEyeでは脅威インテリジェンスを収集、解析して提供する比類のないインテリジェンス活動体制を構築しているほか、組織がインテリジェンス主導型のセキュリティ体制を独自に構築できるよう支援しています。Mandiantはまた、専門知識を活かし、組織の個々のニーズに合わせてカスタマイズされたインテリジェンス主導型のセキュリティ体制の構築、強化、保守を可能にするサイバー脅威インテリジェンス・サービスも開発しています。


以下のサービスから選択

サイバー脅威インテリジェンス・サービスを構成する各サービスは、任意の組み合わせ、または個別での利用も可能で、包括的な脅威インテリジェンス・プログラムの開発とメンテナンスをサポートします。

脅威インテリジェンス基盤構築(TIF)

脅威インテリジェンス基盤構築(TIF)

脅威インテリジェンスに対処する能力を開発するための基盤を確立します。関連性の高い脅威、脅威動向に関する情報を必要としている関係者、脅威インテリジェンスを効果的に取り込み、配布するための実際的な手法の特定を支援します。

サイバー脅威診断(CTD)

サイバー脅威診断(CTD)

ビジネスを標的とする攻撃者の動機、意図、能力を含む、基準となる脅威プロファイルを作成します。各プロファイルは、ネットワーク・ログに加え、全世界のアンダーグラウンドなサイトで確認された攻撃活動を解析して作成されます。

データシートをダウンロード  

インテリジェンス能力評価(ICA)

インテリジェンス能力評価(ICA)

現在の脅威インテリジェンスに関する能力の有効性と、複数のIT関連の領域および分野にわたるインテリジェンスの総合的な活用能力を評価します。

インテリジェンス能力強化(ICU)

インテリジェンス能力強化(ICU)

拡張性と再現性に優れるプロセスを含む世界規模の脅威インテリジェンス・プログラムを策定し、組織全体にわたってインテリジェンスの収集、解析、配布を行います。

解析手法ワークショップ(ATW)

解析手法ワークショップ(ATW)

チームで取り組む終日のワークショップを開催し、組織の脅威インテリジェンスに関する能力を社内で活用するために必要な各種の解析スキルの強化を目指します。

ハント・ミッション・トレーニング(HMT)

ハント・ミッション・トレーニング(HMT)

戦術に特化したワークショップを開催し、活発な脅威や新たに登場した脅威にも未然に対応できるよう、インテリジェンス主導型アプローチで参加者を指導します。このワークショップは、高度な脅威の検知を担当するSOCやIR、戦術インテリジェンスのアナリスト向けに構成されています。

メリット

  • 脅威を予測、特定して優先度を判定し、リスクを抑えながらセキュリティ対策を改善
  • 攻撃者の動機、能力、影響に基づいてリスクを評価
  • 事業全体にわたってセキュリティ脅威のコンテキスト情報を取得し、共有
  • 特に関連性が高く、影響を及ぼす脅威に合わせてセキュリティ・リソースを調整

M-Trends 2017:セキュリティ侵害およびサイバー攻撃の背景にある最新トレンド

特に影響が大きかったセキュリティ侵害やサイバー攻撃の調査結果をもとに、2016年のセキュリティ脅威トレンドを解析します。

レポートをダウンロード

サイバー脅威インテリジェンス(CTI)サービスは、組織全体の関係者間における脅威情報の共有を実現し、セキュリティ脅威への効果的な対応を可能にするサービスです。

Mandiantのアプローチ

セキュリティ脅威インテリジェンス・サービスの規模と範囲は多岐にわたります。どのような場合でも、遭遇した脅威の特定、コンテキスト把握、適応、予測、情報伝達を行う組織の能力強化に特化した内容となっており、次のようなメリットをもたらします。

CTIの体系的な取り込みおよび統合

CTIに関する手法や機能、総合的なプログラムを導入するための能力を開発できます。CTIを取り込み、適用する体制を確立することで、長期的なリスクの削減と、主要なサイバー・セキュリティ能力へのCTIの統合が実現します。

戦略およびプロセス

戦略的ロードマップを策定し、インテリジェンス主導型の手法でセキュリティの成熟度を向上させることが可能です。主要なセキュリティおよびビジネス・プロセス・コンポーネントで脅威インテリジェンスを認識し、活用できるようになります。

脅威に対する意識とスキルの向上

組織全体で、脅威インテリジェンスの取り込み、解析、適用、伝達に関連するスキルを強化できるため、直面する脅威に対する理解度が向上します。

さあ、今すぐ始めましょう。

当社が誇るセキュリティの専門家が、インシデント対応の支援やコンサルティング・サービスに関する疑問解決など、いつでもお手伝いできるよう準備してお待ちしています。

+1 888-227-2721 +61 281034308 +1 866-962-6342 +358 942451151 +33 170612726 +49 35185034500 +852 69630370 +39 0294750535 +81 345888169 +03 77248276 +52 5585268207 +64 32880234 +48 223072296 +7 4954658084 +65 31585101 +27 105008408 +82 7076860238 +34 932203202 +94 788155851 +028 7933558 +27873392 +44 2036087538