FireEyeが提供する Security as a Serviceの5つの特長

複雑なセキュリティ・オペレーションを簡素化

サイバー攻撃者は、状況の変化に素早く適応します。防御側の組織も同様の適応力を身に付けなければなりません。組織のニーズに基づいてセキュリティの規模をいつでも調整可能なアプローチが、サイバー・セキュリティをサービスとして利用する「Security as a Service」です。セキュリティ・オペレーションの簡素化と自動化を実現する、FireEyeの5つの特長をご紹介します。

コミュニティ・プロテクション

コミュニティ・プロテクション

コミュニティ・プロテクション:集団の力でセキュリティ脅威に対抗
集団の力で安全強化を図る「コミュニティ・プロテクション」という仕組みによって、組織の全体的なセキュリティを強化できます。

「アラート」ではなく「具体的な対策」を提示

「アラート」ではなく「具体的な対策」を提示

「アラート疲れ」を解消する9つのステップ
誤検知などのアラート・ノイズを減らし、「ストーリー」に基づく効率的なアラート対応を実現できます。

エキスパート・オンデマンド

エキスパート・オンデマンド

エキスパート・オンデマンド:組織のセキュリティ・チームを強化するには
組織を保護するためには、7種類のサイバー・セキュリティ能力が求められます。

柔軟性 – 拡張性 – 容易な統合

柔軟性 – 拡張性 – 容易な統合

Security as a Service:将来にわたるセキュリティに必要となる4つの要素
サイバー・セキュリティを「as a Service」モデルに移行すると、セキュリティ・オペレーションを簡素化し、全体的なリスクを軽減できます。

連携

連携

セキュリティ・プロセスの連携:あらゆる組織のためのベスト・プラクティス
セキュリティ・オペレーションの効率化と自動化は、人員配置と予算の最適化につながります。