Security Orchestrator

統合と自動化により脅威への対応を簡素化

FireEye Security Orchestratorは、インシデント対応時間の短縮、リスク範囲の縮小、セキュリティ・プログラム全体にわたるプロセスの一貫性向上を実現するソリューションです。複数のテクノロジーやインシデント処理プロセスを1つのコンソールに統合しており、豊富な現場経験に基づいてインシデント対応の方法をリアルタイムでガイドします。

セキュリティ・プロセスの連携のベスト・プラクティス

セキュリティ・ツールの運用や作業プロセスを簡素化、自動化するには

ホワイトペーパーを入手

Video

Orchestration for Cyber Security

セキュリティ業務を効率化し、迅速な対応を実現

すべてのセキュリティ・ツールを1つに統合

すべてのセキュリティ・ツールを1つに統合

各種ツールの統合により、お客様のセキュリティ・チームはインシデント対応プロセスをより適切に管理できるようになり、効率性が向上します。

  • 時間とリソースを節約
  • 全体的なROIを改善
セキュリティ・チームの能力を強化

セキュリティ・チームの能力を強化

専門家による導入サービス、設計サービス、事前作成済みのプレイブック(行動計画)により、攻撃者に対する優位性をお客様に提供します。

  • 実環境におけるMandiantの豊富なインシデント調査経験を活用
  • 高度なサイバー攻撃への対処に必要なサポートを提供
効率性とパフォーマンスを強化

効率性とパフォーマンスを強化

プロセスの標準化と自動化により、作業ミスの削減を実現します。すでに過負荷状態にあるセキュリティ・オペレーション・センター(SOC)チームの時間不足も解消します。

  • ミスが発生しがちな手動プロセスを最小限に抑えながら、インシデント対応プロセスの一貫性向上を実現
  • 繰り返し発生する作業を自動化してセキュリティ・チームの生産性を改善

Security Orchestratorの特長

インシデント対応プレイブック

インシデント対応プレイブック

豊富な現場経験に基づくMandiantの専門知識をまとめたプレイブックで、対応時間を短縮し、作業を自動化します。

事前構成済みのプラグイン

事前構成済みのプラグイン

比類なきレベルの機能性を備えた、シンプルで高品質なワークフローの統合を実現します。

一元的な調査ダッシュボードによる高度な探索

一元的な調査ダッシュボードによる高度な探索

一元的なダッシュボードを使用して各種セキュリティ・ツールのログを横断検索し、サイバー攻撃の痕跡や証拠を調査・探索します。

ケース管理

ケース管理

一元的なダッシュボードを使用して各種セキュリティ・ツールのログを横断検索し、サイバー攻撃の痕跡や証拠を調査・探索します。

レポート

レポート

攻撃の発信源、手口、標的を速やかに特定し、被害の再発を防ぎます。

役割別の権限

役割別の権限

ニーズに応じて、ワークフローの実行権限や特権を特定のワークフローだけに限定します。

オーケストレーション導入サービス

自動化とワークフロー

FireEyeのオーケストレーション導入サービスでは、業界最高水準の専門知識を活用して、必要な一連の対策(CoA)の確立とFireEye Security Orchestratorの導入をサポートします。お客様環境における確実な導入、容易な保守、複数のFireEyeおよび導入済みのその他の製品におけるイベントの管理を可能にします。

関連する製品とサービス

連携の範囲と多様性を拡大します。

関連リソース

さあ、今すぐ始めましょう。

FireEyeのソリューションやその導入方法など、疑問点は何なりとお尋ねください。当社が誇るセキュリティの専門家が、いつでもお答えできるよう準備してお待ちしています。 

+1 888-227-2721 +61 281034308 +1 877-347-3393 +358 942451151 +33 170612726 +49 35185034500 +852 69630370 +39 0294750535 +81 345888169 +03 77248276 +52 5585268207 +64 32880234 +48 223072296 +7 4954658084 +65 31585101 +27 105008408 +82 7076860238 +34 932203202 +94 788155851 +028 7933558 +27873392 +44 2036087538