ネットワーク・セキュリティNXシリーズ

持続的な標的型攻撃からネットワーク・インフラストラクチャやデータ、ユーザーを保護

FireEyeのネットワーク・セキュリティ(NX)ソリューションは、シグネチャ・マッチングに依存しないMulti-Vector Virtual Execution™(MVX)エンジン、従来型の侵入防御システム(IPS)、インテリジェンスドリブンの検知技術により、既知の攻撃にも未知の高度な攻撃にも対処します。このソリューションを導入することで、従来以上に迅速な検知、高精度のアラート、ノイズ低減が実現します。従来型のセキュリティ・ソリューションでは対処できない脅威も検知するため、お客様は重大な脅威に関するアラートへの対応に専念しながら、誤検知の発生に伴う運用管理の負担を抑えられます。

セキュリティ担当者は、単純に検知機能と防御機能を用意するだけでは済まないことを認識しています。攻撃への迅速な対応とともに、情報を共有して深刻な情報漏えいを防げる取り組みが組織に求められています。なお、NX製品を使用する際はSecure Sockets Layer(SSL)Interceptアプライアンスを併用すると、SSLトラフィックに対する可視性が高まり、暗号化トラフィックに潜む攻撃を検知、ブロックできるようになります。

組織には、以下を実現するネットワーク・セキュリティ・ソリューションが必要とされます。

  • 競合他社の従来型セキュリティ製品では対処できない脅威を検知
  • ノイズを低減してセキュリティ担当者が運用管理に要する時間と労力を削減
  • 変化し続ける脅威トレンドに継続的に適応
  • 組織の成長に合わせて柔軟に拡張
ネットワーク・セキュリティ・シリーズ・アプライアンス

Network Security Essentials 

セキュリティ担当者に負担をかけずに高度な攻撃からの保護を実現し、エンタープライズ・レベルでありながら手頃な価格で導入可能なネットワーク・セキュリティ・ソリューション

NX Essentialsは、コストを抑えながらセキュリティ侵害のリスクを管理したい組織にとって、シグネチャが判明している攻撃と高度な攻撃のどちらにも包括的に対処できるセキュリティ・ソリューションです。導入するメリットは次のとおりです。

  • 特許取得のMVXエンジンにより、既知の攻撃や複数のフローで行われる未知の攻撃を検知
  • インライン導入およびブロックを確実に実施して、誤検知を抑えながら高度な脅威から保護
  • IPSとリスクウェアに対するノイズ低減機能によりアラート管理を簡素化し、セキュリティ対策の効率を改善
  • 脅威の検知、解析に要する時間と労力を抑えて全体的なノイズや運用管理に伴う負担を低減し、総所有コストを削減

Network Security

コンテキスト情報に基づく、的確なトリアージと対応を可能にするエンタープライズ・レベルのネットワーク・セキュリティ・プラットフォーム

Network Securityは、組織全体の包括的な可視化と、セキュリティ・ワークフローの統合および豊富なコンテキスト情報による総合的な防御を実現します。 導入するメリットは次のとおりです。

  • 特許技術のMVXエンジンにより、サンドボックス技術の限界を引き上げ 
  • 高度な脅威のコンテキスト情報と検証済みのアラートに基づいて、攻撃者の素性および目的を把握
  • セキュリティ・ワークフローを統合し、クラウドベースの解析技術を活用してアラートの優先度の判断、解析、対応を効率的に実施
  • 脅威の検知、解析に要する時間と労力を抑えて、全体的なノイズや運用管理に伴う負担を低減することで総所有コストを削減
製品の機能 メリット FireEye Network Security Essentials FireEye Network Security Power
高度な脅威の検知
セキュリティ強化ハイパーバイザ セキュリティ強化ハイパーバイザ 検知回避手法に対応 検知回避手法に対応
マルチOSおよびマルチファイルのサポート マルチOSおよびマルチファイルのサポート 用途が異なる異種エンドポイントの混在環境をサポート 用途が異なる異種エンドポイントの混在環境をサポート
MVXによるシグネチャレスの検知 MVXによるシグネチャレスの検知 攻撃の亜種や未知の攻撃を検知 攻撃の亜種や未知の攻撃を検知
IPSによるシグネチャベースの検知 IPSによるシグネチャベースの検知 従来型の脅威検知技術と高度な脅威検知技術を1台のデバイスに統合 従来型の脅威検知技術と高度な脅威検知技術を1台のデバイスに統合
リスクウェアの検知 リスクウェアの検知 侵害を目的としないマルウェアを識別 侵害を目的としないマルウェアを識別
戦術情報(DTI)の共有 戦術情報(DTI)の共有 攻撃の亜種や未知の攻撃を迅速に検知 攻撃の亜種や未知の攻撃を迅速に検知
高度な脅威対策
リアルタイムのインライン・ブロック リアルタイムのインライン・ブロック 攻撃を即座に防御 攻撃を即座に防御
脅威の可視化と隔離
ノイズ低減の自動化 ノイズ低減の自動化 侵害に関するアラートをピンポイントで特定 侵害に関するアラートをピンポイントで特定
予防措置的な機械学習 予防措置的な機械学習 将来の攻撃を検知 将来の攻撃を検知
実用的なコンテキスト情報 実用的なコンテキスト情報 高度な脅威の隔離を支援 高度な脅威の隔離を支援
クラウドベースのイベント解析 クラウドベースのイベント解析 組織全体にわたって脅威を検知 組織全体にわたって脅威を検知
モバイル脅威からの主要社員の保護 モバイル脅威からの主要社員の保護 主要社員を狙うモバイル脅威を検知 主要社員を狙うモバイル脅威を検知
セキュリティ・インフラストラクチャの統合
統合セキュリティ・ワークフロー 統合セキュリティ・ワークフロー 検知から対応まで実施 検知から対応まで実施
連携API 連携API 自動で展開および管理 自動で展開および管理
導入オプション
サポートされる帯域幅 サポートされる帯域幅 10 Mbps~250 Mbps 10 Mbps~250 Mbps 10 Mbps~4 Gbps 10 Mbps~4 Gbps
サポートされるユーザー数 サポートされるユーザー数 50~2,500 50~2,500 50~40,000 50~40,000
サポートされるNXシリーズ サポートされるNXシリーズ NX 900~NX 4400 NX 900~NX 4400 NX 900~NX 10550 NX 900~NX 10550
高可用性(HA) サポートされるNXシリーズ

* Only supported on fourth-generation (NX x4xx) and newer appliances configured in the integrated mode.
** All third-generation (NX x3xx) and newer devices can be converted to Network Smart Nodes as part of a distributed deployment.

「高度なサイバー攻撃を検知、防御するFireEye MVXテクノロジーの性能は、他を圧倒しています」

- ワヒド・ハマミ(Wahid Hammami)氏、, 最高情報責任者(CIO)

SSL Intercept

特定のSSLトラフィックに対するFireEye NXシリーズの可視性を高めて、内部に潜むエクスプロイトやマルウェア、コールバックの検知、ブロックを可能にし、暗号化技術を使用した攻撃から保護します。

詳細はこちら

さあ、今すぐ始めましょう。

FireEyeのソリューションやその導入方法など、疑問点は何なりとお尋ねください。当社が誇るセキュリティの専門家が、いつでもお答えできるよう準備してお待ちしています。 

+1 888-227-2721 +61 281034308 +1 877-347-3393 +358 942451151 +33 170612726 +49 35185034500 +852 69630370 +39 0294750535 +81 345888169 +03 77248276 +52 5585268207 +64 32880234 +48 223072296 +7 4954658084 +65 31585101 +27 105008408 +82 7076860238 +34 932203202 +94 788155851 +028 7933558 +27873392 +44 2036087538