ネットワーク・セキュリティNXシリーズ

最も速く、最も信頼性の高いサイバー攻撃対策を利用することにより、ネットワーク、データ、ユーザーを防御

今日のネットワーク攻撃は高度な標的型攻撃であり、高度な検知回避能力を備えています。いわゆる「次世代型」のファイアウォール、アンチウイルス・ソフトウェア、侵入防御システムはポリシーベースであり、セキュリティよりもスループットを優先するため、防御の役割を果たしてはくれません。

しかし、FireEye Network Securityソリューションなら対処できます。セキュリティに特化した設計であることから、従来型のセキュリティ製品では見落とされていた攻撃を検知して阻止することが可能となり、セキュリティ脅威にほぼリアルタイムで速やかに対処できるようになります。

特許取得済みのシグネチャレスのMulti-Vector Virtual Execution™(MVX)エンジンとインテリジェンス主導型の解析技術により、既知および未知の脅威を検知、阻止します。具体的なインテリジェンスを最前線から得られることで、ノイズが軽減され、コンテキスト情報が提供されるため、アラートに対して素早く優先度を判断し、対応できます。また、SSLで保護されたネットワーク・トラフィックを可視化するため、暗号化された攻撃や侵入を阻止することが可能です。

以上をまとめると、検知を回避する高度な攻撃を把握、防御するには、FireEye Network Securityに勝る選択肢はありません。

Video

柔軟性に優れるネットワーク・セキュリティ

ネットワーク・セキュリティ

FireEye Network Securityは、統合されたセキュリティ・ワークフローおよび具体的なコンテキスト情報により、組織全体の脅威に対するパフォーマンスに優れ、一貫したレベルのセキュリティを実現します。導入するメリットは次のとおりです。

  • ファイルベースのサンドボックスなど、競合他社の従来型セキュリティ製品では対処できない攻撃を正確に検知し、即座に防御
  • 信頼性の高いセキュリティ侵害の証拠とコンテキストに基づく知見により、重要なアラートに対する理解を深め優先度を判定
  • Structured Threat Information eXpression(STIX)フォーマットおよびコンテキスト情報と戦略的な脅威インテリジェンスを活用し、FireEyeまたはサードパーティ提供の戦術インテリジェンスで脅威を未然に防御・調査
  • 統合されたオールインワンのハードウェア・アプライアンス、または拡張性・柔軟性に優れたオンプレミスあるいはクラウドベースの分散モデルによる、Network Securityの柔軟な導入
  • 拡張性に優れたモジュール型のアーキテクチャの採用により、将来を見据えた投資が実現
  • Microsoft WindowsとApple OS Xの両ユーザーを同レベルの脅威対策で保護
  • マシン、攻撃者、標的にフォーカスしたインテリジェンスにより、60分おきにセキュリティが更新されるため、迅速な保護が実現
  • 手動でのアラートのトリアージに要する運用コストを削減して、ソリューションに対する投資の回収期間を短縮
  • 統合・自動化されたセキュリティ・ワークフローにより、さまざまな攻撃経路にまたがるアラートの優先度判定、調査、対応が容易に実現
network-security-requirements

ネットワーク・セキュリティ要件

ITの変革と進化を遂げるセキュリティ脅威に対処し、迅速でコスト効率に優れた、一貫性のある検知と対応を実現します。

FireEye Network Security導入のメリット

FireEye NX、検知率99%を記録

Delta Testing Report

FireEye NX、検知率99%を記録

レポート(英語)を読む

ネットワーク・セキュリティ・サンドボックス市場の分析

Frost & Sullivan Report

ネットワーク・セキュリティ・サンドボックス市場の分析

抜粋を表示

高度なマルウェア用サンドボックス市場の分析

Frost & Sullivan Report

高度なマルウェア用サンドボックス市場の分析

抜粋を読む

FireEye Network Security導入のメリット

Forrester Study

FireEye Network Security導入のメリット

レポートを読む

FireEye Network Securityの総合的な経済的影響

Forrester Study

FireEye Network Securityの総合的な経済的影響

レポートを読む

Network World誌によるNX製品のレビュー

Article

Network World誌によるNX製品のレビュー

レビューを読む

ネットワーク・セキュリティ・ソリューションによってもたらされる利点:

  • 甚大な被害をもたらすセキュリティ侵害のリスクを最小限に抑え、インターネット・トラフィックに潜む攻撃を即座に検知して防御
  • 攻撃グループ、被害組織、そして5,000を超えるお客様環境から収集したデータに基づくインテリジェンス(脅威情報)により、攻撃のコンテキスト情報を入手
  • 仮想マシンによる1時間あたり1,400万件以上の解析で、既知および未知のセキュリティ脅威をリアルタイムで可視化
  • 誤検知を最小限に抑え、実際の攻撃に的を絞ることで、作業の負担軽減と運用コストの削減を実現
  • 米国国土安全保障省SAFETY Actの認定を取得していることから、セキュリティにおける賠償責任保護と最大限の信頼性を保証
  • オンプレミスとクラウド環境のいずれでも、事業に応じてセキュリティを調整できることから、将来を見据えた投資が実現

FireEyeのネットワーク・セキュリティでの被害の統計:

  • 50%:この数値は、当社が検知した実際に悪用されているゼロデイ・エクスプロイトをパーセントで示したものであり、他のすべてのセキュリティ・ベンダーよりも高い数字となっています。
  • 99.14%対33.62%:この数値は、当社に次いで高い検知技術を有するベンダーと攻撃検知率を比較したものです。
  • 152%と9.7か月:期待できるROIをパーセントで示した数値と、投資を回収するまでにかかる推定期間を表しています。

FireEye Network Securityによるサポート

お客様のコメント

“「高度なサイバー攻撃を検知、防御するFireEye MVXテクノロジーの性能は、他を圧倒しています」”

- ワヒド・ハマミ(Wahid Hammami)氏, 最高情報責任者(CIO)

製品の機能 メリット FireEye Network Security
従来型のセキュリティ・ソリューションをすり抜ける高度な標的型攻撃を検知
シグネチャレスの脅威検知エンジン(MVX) シグネチャレスの脅威検知エンジン(MVX) 複数のフローや段階にわたる攻撃、ゼロデイ攻撃、ポリモーフィック型の攻撃、ランサムウェアなど、検知困難な攻撃に対応 複数のフローや段階にわたる攻撃、ゼロデイ攻撃、ポリモーフィック型の攻撃、ランサムウェアなど、検知困難な攻撃に対応
リアルタイムでの検知と遡及的な検知 リアルタイムでの検知と遡及的な検知 既知および未知のセキュリティ脅威をリアルタイムで検知すると同時に、新たな情報に基づいて以前に見逃した脅威を検知 既知および未知のセキュリティ脅威をリアルタイムで検知すると同時に、新たな情報に基づいて以前に見逃した脅威を検知
複数の攻撃経路にわたる相関分析 複数の攻撃経路にわたる相関分析 複数の経路にまたがる攻撃を自動的に検証、ブロック 複数の経路にまたがる攻撃を自動的に検証、ブロック
Eメール(オンプレミスまたはクラウド)、
ファイル、およびエンドポイント
Eメール(オンプレミスまたはクラウド)、ファイル、およびエンドポイント
多様なOS、ファイル・タイプ、アプリケーションをサポート 多様なOS、ファイル・タイプ、アプリケーションをサポート 用途が異なる各種エンドポイントの混在環境をサポート 用途が異なる各種エンドポイントの混在環境をサポート
セキュリティ強化ハイパーバイザ セキュリティ強化ハイパーバイザ 検知回避手法に対応 検知回避手法に対応
侵入に素早く対応し、被害の拡大を阻止
リアルタイムのインライン・ブロック リアルタイムのインライン・ブロック 攻撃を即座に防御 攻撃を即座に防御
IPSによるシグネチャベースの検知 IPSによるシグネチャベースの検知 膨大なアラートのトリアージを自動化、高速化して、負担を軽減 膨大なアラートのトリアージを自動化、高速化して、負担を軽減
リスクウェアの検知 リスクウェアの検知 マルウェアを深刻度に応じて個別に検知し、対応の優先度を判断 マルウェアを深刻度に応じて個別に検知し、対応の優先度を判断
統合されたセキュリティ・ワークフロー 統合されたセキュリティ・ワークフロー 検知から調査、対応へとスムーズに移行 検知から調査、対応へとスムーズに移行 エンドポイント・フォレンジック
エンタープライズ・フォレンジック
具体的なコンテキスト情報 具体的なコンテキスト情報 攻撃と攻撃者に関する詳細情報で、高度なセキュリティ脅威を迅速に封じ込め 攻撃と攻撃者に関する詳細情報で、高度なセキュリティ脅威を迅速に封じ込め
高可用性(HA) 高可用性(HA) 障害からの迅速な復旧を可能にするレジリエントな防御 障害からの迅速な復旧を可能にするレジリエントな防御
変化を続ける脅威トレンドに継続的に適応
リアルタイムでの脅威インテリジェンスの共有 リアルタイムでの脅威インテリジェンスの共有 グローバルに共有されるセキュリティ侵害情報で、未知のサイバー攻撃を即座にブロックし、迅速な対応を支援 グローバルに共有されるセキュリティ侵害情報で、未知のサイバー攻撃を即座にブロックし、迅速な対応を支援
製品固有およびサードパーティ提供の脅威インテリジェンス(STIX)* 製品固有およびサードパーティ提供の脅威インテリジェンス(STIX)* サードパーティが提供するインジケーターをインテリジェンス主導型解析エンジンに取り込み サードパーティが提供するインジケーターをインテリジェンス主導型解析エンジンに取り込み
戦略的な脅威インテリジェンス 戦略的な脅威インテリジェンス セキュリティ脅威トレンドの変化をいち早く把握し、一歩先を行くセキュリティ体制を実現 セキュリティ脅威トレンドの変化をいち早く把握し、一歩先を行くセキュリティ体制を実現
組織の成長やITサービスの提供方法の変化に柔軟に対応
帯域幅 帯域幅
10 Mbps~8 Gbps
10 Mbps~8 Gbps
ユーザー数 ユーザー数
50~80,000
50~80,000
サポートされるNXシリーズ サポートされるNXシリーズ
統合アプライアンス
またはNetwork Smart Node

物理アプライアンス:NX 900~NX 10550**
仮想アプライアンス:NX 1500V~NX 6500V
分散モード:FireEye Cloud MVXまたはMVX Smart Grid

MVX Smart Grid
物理アプライアンス:VX 5500、VX 12500
統合アプライアンス
またはNetwork Smart Node

物理アプライアンス:NX 900~NX 10550**
仮想アプライアンス:NX 1500V~NX 6500V
分散モード:FireEye Cloud MVXまたはMVX Smart Grid

MVX Smart Grid
物理アプライアンス:VX 5500、VX 12500
MVXの機能 MVXの機能
統合アプライアンス
FireEye Cloud MVX
統合アプライアンス
FireEye Cloud MVX
サポートされる製品 サポートされる製品
物理、仮想、クラウド
物理、仮想、クラウド
導入モデル 導入モデル
統合型、オンプレミス、およびクラウドベースの分散型
統合型、オンプレミス、およびクラウドベースの分散型
統合型から分散型へと費用負担なしで移行 統合型から分散型へと費用負担なしで移行

* 統合モードで設定された第4世代(NX x4xx)以降のアプライアンスでのみサポートされます。
** 第3世代(NX x3xx)以降のデバイスはすべて、分散導入の際にNetwork Smart Nodeに変換できます。

リソース

さあ、今すぐ始めましょう。

FireEyeのソリューションやその導入方法など、疑問点は何なりとお尋ねください。当社が誇るセキュリティの専門家が、いつでもお答えできるよう準備してお待ちしています。 

+1 888-227-2721 +61 281034308 +1 877-347-3393 +358 942451151 +33 170612726 +49 35185034500 +852 3975-1882 +91 80 6671 1241 +39 0294750535 +81 345888169 +03 77248276 +52 5585268207 +64 32880234 +48 223072296 +7 4954658084 +65 31585101 +27 105008408 +82 7076860238 +34 932203202 +94 788155851 +886 2-5551-1268 +27873392 +44 2036087538 +842444581914