iSIGHTインテリジェンスのサブスクリプション・サービス

FireEye iSIGHT脅威インテリジェンスは、攻撃者の意図、ツール、戦術に基づいてビジネスに混乱をもたらす脅威を見極める、将来を見据えた予防措置的なソリューションです。正確性・包括性に優れ、標準的な攻撃ライフサイクルの枠を越える可視化を実現し、世界各地で発生する攻撃の前後および攻撃中にそのコンテキスト情報を提供して優先度を判定できるようにします。その結果、リスクを軽減してインシデント対応を改善し、セキュリティのエコシステム全体を強化することが可能になります。攻撃を予測し、自社のビジネスにとって最も深刻な脅威への対応に注力する上で必要な情報を把握しましょう。 

インテリジェンス、統合、サポートのレベルについては、セキュリティ・プログラムのニーズに合わせてお選びいただけます。 FireEye iSIGHTインテリジェンスのサブスクリプション・サービスでは、利用者の役割に応じて選択可能な、戦術(Tactical)、運用(Operational)、融合(Fusion)、役員(Executive)、脆弱性(Vulnerability)の5種類のインテリジェンスを用意しています。それぞれの詳細については、以下をご覧ください。

FireEye iSIGHT脅威インテリジェンス

rbi-graphic

iSIGHTインテリジェンスのサブスクリプション・サービス

戦術インテリジェンス

既存のセキュリティ・ソリューションのアラートを、包括的な脅威インテリジェンスを活用して収集された指標で補完します。

役員インテリジェンス

自組織の真のリスク・プロファイルを把握し、幹部レベルのコミュニケーションを改善します。

運用インテリジェンス

アラートと具体的なコンテキスト情報を組み合わせて、より的確な優先度の判定と情報に基づいた対応を可能にします。戦術インテリジェンスも含まれます。

脆弱性インテリジェンス

実際に悪用されている関連性の高い脆弱性に基づいて、パッチ管理の優先度を判断します。

融合インテリジェンス

お客様の組織の戦略的サイバー・リスク・プロファイルに合わせてカスタマイズされる脅威情報です。運用インテリジェンスも含まれます。

動機ベース・インテリジェンス

サイバー犯罪やサイバー・スパイ、ハクティビズムなど、攻撃者の動機に焦点を当てます。

 

役割別の脅威インテリジェンスの用途 

脆弱性アナリスト

どの脅威が深刻で、リスクを経営幹部にどのように伝えるかを脆弱性アナリストが判断する上で、戦術インテリジェンスがどのように役立つか解説します。

プロファイル情報を読む 

セキュリティ・オペレーション・センター(SOC)のアナリスト

SOCのアナリストが、運用インテリジェンスに基づいてアラートのエスカレーションに関する意思決定をより素早く的確に行う流れを解説します。

プロファイル情報を読む 

インシデント対応担当者

運用インテリジェンスを通してインシデント対応担当者が、攻撃の詳細(攻撃者の素性、標的、動機、タイミング、手法)を把握する流れを解説します。

プロファイル情報を読む 

CISOおよびIT部門上級幹部

CISOや経営幹部によるリスク評価やセキュリティ、予算、人員に関する戦略的な意思決定に、融合インテリジェンスがどのように役立つか解説します。

プロファイル情報を読む 


FireEye iSIGHTインテリジェンスのサポート

FireEyeのiSIGHTインテリジェンスのサポートは、価値および投資対効果の最大化を目的としています。サイバー空間で発生する各イベントについて、スタッフが細やかな支援を提供します。組織固有の脅威問題についての情報収集から、サポート要請の支援、お客様の既存のプロセスやテクノロジーへのAPIの統合、お客様の擁護、インテリジェンス主導型セキュリティの提案および導入まで、FireEyeのチームは、お客様がセキュリティ対策において成果を上げられるように献身的にサポートします。

FireEye iSIGHTインテリジェンスでは、お客様をセキュリティ上の目標達成へと導く3つのレベルのサポートを用意しています。

活動 サポート・レベル
サポート・レベル別の活動
サポート・レベル レベル1 レベル2 レベル3
サービスの導入
セルフサービス・ポータル
カスタマー・サポート・デスク
組織固有の脅威問題についての情報収集
iSIGHT APIの導入
アナリスト・アクセスについての説明
正式なビジネス・レビュー
リモート
リモート
リモート
リモート
リモートまたはオンサイト
リモートまたはオンサイト
アナリスト・アクセス(標準リクエスト)
1件(四半期あたり1件)
1件(四半期あたり1件)
(四半期あたり10件)
(四半期あたり10件)
(四半期あたり25件)
(四半期あたり25件)
アナリスト・アクセス(優先リクエスト)
(四半期あたり2件)
(四半期あたり2件)
iSIGHT APIの技術統合
2時間以内/1ユースケース
2時間以内/1ユースケース
4時間以内/2ユースケース
4時間以内/2ユースケース
脅威全般に関する概要説明
特定の脅威に関する概要説明
インテリジェンス・ワークショップ

iSIGHTインテリジェンス・サービスの内容

世界各地のインテリジェンス専門家により、豊富なコンテキスト情報を含む広範かつ具体的な脅威インテリジェンスが24時間体制で配信されます。 

iSIGHT API & SDK – 正確な脅威インテリジェンスと、お客様が運用するセキュリティ、リスク、およびコンプライアンスの管理テクノロジーを容易に統合できます。 

インテリジェンス・ポータル – ご利用のサブスクリプション・サービスで提供された過去のレポートを網羅するライブラリや、Eメールによるアラートおよびダイジェスト、SMSによるモバイル・アラートなどのプッシュ通知を設定するツールにいつでもアクセスできます。

脅威メディア・ハイライト – 最新セキュリティ・トピックの把握、経営幹部からの質問への回答、経営幹部および取締役向け分析レポートの素早い提出に役立つEメールを毎日配信します。FireEyeのチームは最新ニュースを追跡し、重要な記事の正確性を検証します。調査結果とレポートの相関分析を行い、正しい情報や詳細な分析結果をお客様に提供します。

さあ、今すぐ始めましょう。

FireEyeのソリューションやその導入方法など、疑問点は何なりとお尋ねください。当社が誇るセキュリティの専門家が、いつでもお答えできるよう準備してお待ちしています。 

+1 888-227-2721 +61 281034308 +1 877-347-3393 +358 942451151 +33 170612726 +49 35185034500 +852 3975-1882 +91 80 6671 1241 +39 0294750535 +81 345888169 +03 77248276 +52 5585268207 +64 32880234 +48 223072296 +7 4954658084 +65 31585101 +27 105008408 +82 7076860238 +34 932203202 +94 788155851 +886 2-5551-1268 +27873392 +44 2036087538 +842444581914