エンドポイント・セキュリティHXシリーズ

標的型攻撃やゼロデイ・エクスプロイトの エンドポイントにおける検知と対応

適応型防御においては、エンドポイントで起こる活動を含めた潜在的なサイバー攻撃を迅速かつ正確に評価し、そこに至るあらゆる攻撃経路の監視が必要となります。

エンドポイント・セキュリティ製品のHXシリーズでは、エンドポイントを継続的に監視して、シグネチャ・マッチングに依存する多層防御のセキュリティ・システムでは対応できない高度なマルウェアや侵害インジケーター(IOC)を監視します。

FireEye Endpoint Security Solution

「従来型のセキュリティ対策を採用しているIT企業はマルウェアを検知できず、結果として対応が遅れてしまっています」

- ガートナー

エンドポイント・セキュリティの強化: 最新の脅威への対策

従来型のエンドポイント・セキュリティ対策が機能しない理由と、ネットワーク、エンドポイント、クラウドの脅威情報の統合・共有によって、高度なセキュリティ脅威への効果的かつ迅速な対応が実現する理由を説明します。

ダウンロードする 

HXエンドポイント・セキュリティのメリット

侵害を受けたエンドポイントを検知

  • 侵害を受けたエンドポイントから高度なマルウェアなどのサイバー攻撃が拡散しないようにブロック
  • FireEyeのネットワーク、Eメール、コンテンツ・セキュリティの各プラットフォームを越えて、検知対象を組織内外のエンドポイントにまで拡大
  • カスタム、ローカル、グローバルな脅威情報に基づき、組織や業界を標的とする脅威を検知

エンドポイントを起点とするサイバー攻撃を防御

  • 管理者の認証情報が攻撃者に流出することなく、エンドポイント上のインシデントの有無を確認
  • システムを隔離して、インシデント・レスポンスに影響を及ぼすことなく進行中の攻撃を遮断
  • ネットワーク内の他のシステムへの攻撃拡大を阻止

エンドポイントでのインシデント・レスポンスを迅速化

  • 多数のシステムにまたがるデータを自動的に収集し、潜在的なインシデントの全体像を可視化
  • フォレンジック・データを利用して、不正な活動をほぼリアルタイムで再現
  • システム全体で検知されたイベントの関連性を分析し、復旧やその後の攻撃の回避に役立つ情報を提供