Texture Side Right Grey 01

官公庁向けセキュリティ

政府機関のネットワークやインフラを狙う、進化し続ける脅威への対策

地方病院に対するランサムウェア攻撃から、政府機関のデータに対するハッキングまで、サイバー攻撃は私たちのコミュニティや国家の安全を脅かす深刻な脅威となっています。FireEyeは世界中の官公庁と提携して、国家の安全と重要なインフラをサイバー攻撃から保護しています。各国の官公庁顧客と10年以上にわたって提携してきたFireEyeは、固有のテクノロジー、認証要件、調達の課題など、政府機関が直面する問題をよく理解しています。

Case Study

第一線の現場からのレポート:Wannamine My Business

コストを抑えながら各種の規制に対応したセキュリティ・ソリューション

FedRAMPロゴ

FedRAMP

Eメール・セキュリティ - Cloudエディションは、クラウド・サービスを対象とするFedRAMP(米国)のセキュリティ要件を満たしています(AVASオプションを含む)。

エンドポイント・セキュリティ

エンドポイント・セキュリティ

NIST基準に準拠しており、インテリジェンスに基づいたソリューションを提供し、検査と解析を効率化します。

DHSロゴ

CDM

FireEyeは、セキュリティ戦略の一環として、CDM要件に適合する連邦機関のサイバー担当リーダーと提携しています。

選挙のセキュリティ

選挙のセキュリティ

サイバー攻撃者は、地方自治体の投票や選挙システムに混乱をもたらす可能性があります。その方法は、正当な投票者を無資格にしたり、データを破壊してサービス妨害攻撃を行ったりと、さまざまです。

セキュアなワークフローと深い脅威インテリジェンスを用いて、選挙システムを保護します。このソリューション・ブリーフで、Hive-IQがオペレーションを最適化して性能を高める仕組みをご覧ください。

DHSロゴ

共有サイバーセキュリティ・サービス・プログラム(SCSP)

DHSは、FireEye Threat Intelligenceの3年間契約を購入することにより、民間向けに画期的なコマーシャル・インテリジェンスを提供しています。

実績のあるワールドクラスのサイバー・ソリューションにより
国家の安全保障と民間の保護を強化

国家レベルのサイバー脅威インテリジェンス機能により、新たに出現する脅威を常に把握する

サイバー・セキュリティの有効性を検証

能力の増強、Managed Defenseインシデントレスポンスによって、人員不足のギャップを克服する

脅威検知性能とコンテキストに基づく優先度判定により、意味のないアラートを排除し、最も重要な脅威に対処できるようチームを支援する

お客様のコメント

“FireEyeプラットフォームでは、わずか数分でセキュリティ侵害を検知し、不正なファイルやEメールを隔離できます。さらに、被害を受けたマシンを迅速に把握し、セキュリティ脅威を封じ込めることが可能で、問題のマシンがオフラインの状態でも機能します”

- 政府系シンクタンク

関連リソース

さあ、今すぐ始めましょう。

FireEyeのソリューションやその導入方法など、疑問点は何なりとお尋ねください。
当社が誇るセキュリティの専門家が、いつでもお答えできるよう準備してお待ちしています。

+81 3 4577 4401 +1 888-227-2721 +61 281034308 +32 28962867 +1 877-347-3393 +971 45501444 +358 942451151 +33 170612726 +49 35185034500 +852 3975-1882 +91 80 6671 1566 +353 (0)216019160 +39 0294750535 +03 77248276 +52 5585268207 +31 207941289 +64 32880234 +48 223072296 +7 4954658084 +65 31585101 +27 105008408 +82 7076860238 +34 932203202 +94 788155851 +46 853520870 +886 2-5551-1268 +27873392 +44 2036087538 +842444581914