iboss

iboss + FireEyeクラウド・ネットワーク・セキュリティ 

エンド・ユーザーやデバイスがリモートでデータにアクセスする頻度が増すにつれ、従来のネットワーク境界は失われつつあります。さらに、多くの組織は複数のクラウドにデータを保存しているため、セキュリティの確保が難しくなっています。この新しい環境の中で、組織のトラフィック、ユーザー、デバイス、ネットワーク、アセットおよびデータを、既知/未知の攻撃者から守るためには、場所を問わずにすべてのデバイスとユーザーを確実に保護するマルチベクターの防御策が必要です。iboss + FireEyeクラウド・ネットワーク・セキュリティは、エンド・ユーザーの場所やフォーム・ファクタ(デスクトップ、ノートパソコン、タブレット、サーバー、IoT、その他のモバイル機器)を問わず、クラウドを介して高度な脅威対策とデータ侵害対策を提供します。このソリューションはFireEyeネットワーク・セキュリティ・プラットフォーム上に構築されており、業界トップレベルのFireEyeの検知機能とクラウド・ネイティブなアーキテクチャを持つibossとを組み合わせています。その結果、ユーザーとデバイスがどこにあっても、常に高度な脅威対策が適用され、データのセキュリティの懸念から開放されます。

どこでどんなデバイスを使っていても、すべてのユーザーを保護

iboss + FireEyeクラウド・ネットワーク・セキュリティは、クラウドベースで高度な脅威および侵害を検知するプラットフォームです。また、クラウドを介して、比類のない脅威可視性と包括的なネットワーク保護を提供し、ユーザーやデバイスがどこにいても、高度な攻撃から守ります。

iboss + FireEyeの主なメリット

  • あらゆる場所に安全を – iboss + FireEyeクラウド・ネットワーク・セキュリティは、動的に変化するネットワーク・アーキテクチャに沿って設計されており、トラフィック、ユーザー、デバイス、ネットワーク、アセットおよびデータを、迅速かつ容易に保護するための柔軟な手段をセキュリティ管理者に提供します。 
  • 他社製品による検知を回避する脅威も検知 – 特許技術のFireEye MVXによる解析とインテリジェンス主導のテクノロジーにより、最先端のシグネチャレス検知と保護を実現。他社ソリューションの検知を回避する高度な攻撃やゼロデイ攻撃をはじめとする、さまざまな種類の脅威に対抗します。
  • 対応が必要なアラートのみを提供 – iboss + FireEyeクラウド・ネットワーク・セキュリティは、世界中の大規模な侵害の最前線から得たインテリジェンスを活用し、お客様の対応を必要とする重要なアラートだけを高い精度で提供します。その結果、アラートのトリアージにかかる時間を短縮し、リソースを節約できます。
  •  

file
iboss
file