アラート対応におけるトレードオフ: コスト許容時とリスク許容時のTCOを比較

企業各社では、週あたり平均1万7,000件のセキュリティ・アラートが発生しています。しかし、そのうち実際に調査を実施できているのは全体の4%に過ぎず、誤検知や不正確なアラートへの対応に費やすコストは年間127万ドルに上っています1

本来ならセキュリティ・ソリューションがすべき作業を、セキュリティ担当者が肩代わりしているような状況です。

優れたセキュリティ・プラットフォームでは、コンテキストに基づく脅威情報が提供され、緊急性の高い重要なアラートのみが正確に発せられるため、アラートの調査に要する時間と費用、リソースが少なくて済みます。しかも、ネットワークのセキュリティ低下を一切招きません。

このホワイトペーパーでは、アラートに関するコストとリスクを管理するためのガイドラインを紹介します。主な内容は次のとおりです。

  • アラートの削減によって得られる運用上のコスト・メリット
  • アラート対応が不十分な場合に生じる損失
  • セキュリティ・ソリューションの選定時に考慮すべき3つのポイント

ぜひこのホワイトペーパーをご覧ください。

最も重要なアラートだけに専念する方法がわかります。

 

 

1 The Cost of Malware Containment, Ponemon Institute, January 2015

ホワイトペーパーをダウンロード