今後の展望:2018年セキュリティ動向予測

サイバー犯罪は、サイバー攻撃グループにとってビジネスそのものです。そのサイバー犯罪に対抗する力こそサイバー・セキュリティなのです。FireEyeをはじめとするセキュリティ・ベンダーが、敵の利益につながるような情報を明かしてしまっては、攻撃グループとの戦いを有利に進めることはできません。

しかし、セキュリティ脅威が増加と多様化の一途をたどる中、世界全体のサイバー・セキュリティを強化するためには、一部の情報を自由に共有できるようにする必要があります。

『今後の展望: 2018年セキュリティ動向予測』レポートでは、攻撃グループ、被害組織、セキュリティ・ベンダー、国家の動向に関する、FireEye独自の知見と予測を余すところなく紹介しています。主な内容は次のとおりです。

  • サイバー攻撃の主な実行者と被害組織
  • 特定の状況下で主流になると予想されるサイバー攻撃手法
  • 今後、サイバー攻撃やサイバー犯罪を展開するようになると予想される国家とその動機
  • サイバー攻撃対策として考えられる選択肢、最も効果的な対処法

本レポートから得た知識と 助言を利用すれば、サイバー攻撃グループを遠ざける効果的な対策を実施できます。

ぜひ本レポートをご覧ください。

レポートをダウンロード