セキュリティ侵害対策:求められる経営幹部の貢献

企業の最高経営幹部に対し、監督責任および、自社の潜在的なセキュリティ・リスクを認識し、構成したセキュリティ・プログラムを承認したことを書面に残すよう義務付ける規制が増えてきました。 セキュリティ侵害を受けた組織がこのような規制に違反していた場合、最高で数千万ドルに及ぶ罰金が科せられる可能性があります。

『最高経営幹部のためのセキュリティ侵害対策プレイブック』では、組織のサイバー・セキュリティ体制の強化プロセスを積極的に策定、評価する方法について解説します。 主な内容は次のとおりです。

  • セキュリティ侵害対応体制を評価、改善する根拠とその優先順位
  • サイバー・セキュリティ分野で各最高経営幹部が負うべき責任
  • セキュリティ侵害の発生前、発生時、発生後のベスト・プラクティス
  • クライシス・コミュニケーションの推奨事項
  • セキュリティ侵害対応プロセスの各段階に適用できる具体的なヒント

プレイブックをダウンロード して、組織のセキュリティ侵害対応体制を大幅に改善する方法をご確認ください。

プレイブックをダウンロード

関連リソース