当てにならないアラート主体のモデルからストーリー主体のモデルへ

一般的な組織では、週あたり数千件のセキュリティ・アラートが発生しています。しかし、そのうち81%は、信頼できないアラートか他と重複するアラート、または誤検知であるのが実情です。

このようなアラートは、単に無意味なだけではありません。実は、組織の安全を損なう存在でもあるのです。

対応すべきアラートがあまりにも多いと「アラート疲れ」が生じ、重要なアラートを見落として攻撃者の侵入を許す恐れがあります。2014年、ある小売企業で発生した史上最大規模のセキュリティ侵害事件において、攻撃発生を示すアラートが見過ごされたのは、まさにこのアラート疲れが原因でした。

この電子書籍では、アラート疲れを解消してセキュリティを強化する方法について解説しています。

主な内容は以下のとおりです。

  • 膨大なセキュリティ・アラートに対処するうえでの課題
  • アラート主体のモデルからの脱却が、時間と予算の節約につながる理由
  • 「アラート疲れ」を解消する9つのステップ
  • 電子書籍は、こちらからダウンロードしていただけます

レポートをダウンロード