Texture Top Right Grey 04

Mandiant Threat Intelligence

現在の重要なサイバー脅威を知る

Mandiant Threat Intelligenceが必要な理由とは

高度な技術力と知識、潤沢な資金、組織力を併せ持つ昨今の攻撃者は、標的に特化した巧妙な手口で、テクノロジー中心のセキュリティ対策を容易にすり抜けます。防御側の組織がこのような攻撃を検知して対処するには、敵を知ることが欠かせません。つまり、攻撃者の思考、手口、目的を理解することが重要なのです。一方で、「脅威インテリジェンス」という言葉から、多くの人は脅威フィードのことを考えてしまい、それで終わってしまいます。

Mandiant Threat Intelligenceは、セキュリティ組織内でインテリジェンスを使用するための多層的なアプローチを提供します。脅威フィードは便利ですが、自社への影響を把握するには、インジケーターの周辺にあるコンテキスト情報も必要です。戦術インテリジェンスは優れていますが、直面している脅威がどういったもので、その脅威に対処するために防御策をどのように調整するかを把握するには、戦略インテリジェンスも必要です。運用インテリジェンスは、攻撃にすぐに対応するには効果的です。しかし、問題が起きた後で対応する方法から予防的な脅威ハンティングへと移行できるようにするインテリジェンスも必要です。

Mandiant Threat Intelligenceでは、それらすべてやそれ以上のことが得られます。これが、ビジネスに必要な情報とアプライアンスに必要な情報の違いです。

Forrester New Waveのロゴ

Forrester New Wave™の
「2018年第3四半期 外部脅威インテリジェンス・サービス」でFireEyeがリーダーに

お客様のコメント

“Mandiant Threat Intelligenceを他社のものと比較してみました。私たちが求めていたのは、インテリジェンスの質、タイムリーであること、そして当院のインフラのさまざまなコンポーネントにスムーズに統合できることでした。Mandiant Threat Intelligenceは明らかに、他の候補より優れていました” 

- セキュリティ・オペレーション担当マネージャー, 複数の州にまたがる医療機関

industry-healthcare-logo

複数の州にまたがる医療機関の導入事例を読む
FireEyeのソリューションとサービスによって、医療機関の包括的な保護を実現しています。

Threat Intelligenceは単なる脅威フィードではありません

世界中に存在するインテリジェンス組織

世界中に存在するインテリジェンス組織

世界23か国にわたって、30以上の言語を理解する数百人のインテリジェンス研究者が、それぞれの現場から攻撃者に関する知見を提供します。

脅威インテリジェンスの活用

脅威インテリジェンスの活用

インテリジェンスへの投資を最適化し、脅威インテリジェンス担当アナリストとマネージャーを成功へと導きます。

アナリスト・アクセス

アナリスト・アクセス

攻撃者と脅威インテリジェンス、および脅威インテリジェンスを自社に適用する方法について明確にし、理解を深めることができます。

Advanced Intelligence Access

FireEyeおよびMandiantのグローバルな視点、情報、知見を活用することにより、カスタマイズされた脅威インテリジェンスを作成できます。

インテリジェンス活用能力の開発

現行のプログラムを評価し、インテリジェンス活用能力を強化するための詳細な計画を提示します。

サイバー攻撃が起こる前に対処

Mandiantのインテリジェンス専門家が、関連性の高い最新のサイバー脅威インテリジェンスをお届けします

脆弱性アナリスト

どの脅威が深刻で、リスクを経営幹部にどのように伝えるかを脆弱性アナリストが判断する上で、戦術的な脅威インテリジェンスがどのように役立つか解説します。

セキュリティ・オペレーション・センター(SOC)のアナリスト

SOCのアナリストが、Operationalインテリジェンスに基づいてアラートのエスカレーションに関する意思決定をより素早く的確に行う流れを解説します。

インシデント対応担当者

Operationalインテリジェンスを通してインシデント対応担当者が、攻撃の詳細(攻撃者の素性、標的、動機、タイミング、手法)を把握する流れを解説します。

CISOおよびIT部門上級幹部

CISOや経営幹部によるリスク評価やセキュリティ、予算、人員に関する戦略的な意思決定に、Fusionインテリジェンスがどのように役立つか解説します。

「4 frontlines」グラフィックのプレースホルダー

関連リソース

さあ、今すぐ始めましょう。

FireEyeのソリューションやその導入方法など、疑問点は何なりとお尋ねください。
当社が誇るセキュリティの専門家が、いつでもお答えできるよう準備してお待ちしています。

+81 3 4577 4401 +1 888-227-2721 +61 281034308 +32 28962867 +1 877-347-3393 +971 45501444 +358 942451151 +33 170612726 +49 35185034500 +852 3975-1882 +91 80 6671 1566 +353 (0)216019160 +39 0294750535 +03 77248276 +52 5585268207 +31 207941289 +64 32880234 +48 223072296 +7 4954658084 +65 31585101 +27 105008408 +82 7076860238 +34 932203202 +94 788155851 +46 853520870 +886 2-5551-1268 +27873392 +44 2036087538 +842444581914