経営幹部のサイバー・セキュリティのシナリオ:最高経営幹部がより強力なセキュリティ体制に貢献する方法

他でもない経営幹部が、企業の安全とセキュリティに対して最終的な責任を負います。

調査によると、セキュリティ・インシデントの検出数は2014~2015年に38%増加しました。侵害当たりのコストは同時期に20%近く上昇して1,500万ドルに達しています。この状況は無視できません。

では、どうすればいいのでしょうか? 組織のリスクをどのように管理すればいいのでしょうか? 重要なセキュリティ作業を特定し、それらの作業に責任を割り当て、適切なサイバー・セキュリティ・プログラムを実施するには、どうすればいいのでしょうか?

CEOまたは部門の管理職という役割の中で、侵害発生の前後、および発生時に何を行えばいいのでしょうか?

侵害されるまで待つ必要はありません。今すぐ計画立案を開始してください。

新しい管理職のサイバー・セキュリティのシナリオでは、CEO、CIO、CTO、CFO、COO、CMO、CHOおよびCPOなど、さまざまな管理職のために、ベスト・プラクティスの最初のアプローチについて概説しています。

このシナリオの主な内容は次のとおりです。

電子書籍をダウンロード