Forrester Researchの調査概要

FireEyeが目指すのは、「エンタープライズ・セキュリティ・ベンダー」

インテリジェンス、解析、ワークフローの統合でエンタープライズに求められるセキュリティを実現
FireEyeは、セキュリティ・オートメーション企業のInvotasと、グローバルなサイバー脅威インテリジェンス企業であるiSIGHT Partnersを買収しました。この2件の企業買収がもたらす影響について解説している Forrester Researchの本調査書は、FireEye製品をご検討中のセキュリティ担当者やリスク担当者の参考になることと思います。

また、エンタープライズ・セキュリティ・パートナーとしてのFireEyeの評価ポイントもまとめています。

Forr

Forrester Researchのコメント

“これらの買収により、FireEyeは、脅威の検知、封じ込めおよび復旧を提供する上で必要となる、脅威インテリジェンス、セキュリティ解析、およびオーケストレーションを連携させた包括的かつ幅広いポートフォリオを持つこととなりました。”

- Forrester Research, FireEyeが目指すのは、「エンタープライズ・セキュリティ・ベンダー」

ハイライト

インテリジェンス、脅威解析、ワークフローの統合

インテリジェンス、脅威解析、ワークフローの統合

FireEyeは、マルウェア解析のスペシャリスト企業から、テクノロジー・スタック全体をカバーする製品、マネージド・セキュリティ・サービス、プロフェッショナル・サービスを総合的に提供するエンタープライズ・セキュリティ・ベンダーへと成長を果たしました。

FireEyeを選ぶ理由
セキュリティ自動化のニーズに応える

セキュリティ自動化のニーズに応える

FireEyeが買収したInvotasは、環境全体にわたる情報収集と、その知見に基づく対策を支援します。すべて自動的に行われるため、必要なリソースは最小限で済み、ツールの導入等も不要です。

Security Orchestratorとは?
「アラート疲れ」とセキュリティ人材不足の問題からの解放

「アラート疲れ」とセキュリティ人材不足の問題からの解放

これらの買収は、セキュリティ人材不足問題の解決を支援するとともに、膨大な数のアラートを、進化を続ける脅威に対抗するための具体策を伴った知識へと変える一助となるでしょう。

Managed Defenseの詳細