APT37(REAPER) : 知られざる北朝鮮の攻撃グループ

APT37:見過ごされている北朝鮮の脅威

APT37は北朝鮮の支援を受けている他の攻撃集団に比べて知名度が低いとはいえ、この集団によるグローバル規模の攻撃件数は増加しており、最近ではゼロデイ攻撃も発生しています。早急にネットワーク・セキュリティ対策を講じる必要があります。

FireEyeでは、2015年からTEMP.ReaperとしてAPT37を追跡しており、その活動に関する詳細を当社のインテリジェンス・カスタマーと共有してきました。こうした経緯により、FireEyeはAPT37を熟知しています。APT37に関する独自の情報をFireEyeのエキスパートが解説します。ぜひご覧ください

  • APT37の長期にわたる活動が裏付ける北朝鮮との利害関係
  • APT37が使用するマルウェアの詳細
  • 朝鮮半島を超えて世界に影響を与えてきたAPT37の攻撃
APT37(REAPER) : 知られざる北朝鮮の攻撃グループ

高度な攻撃グループと技術的な脆弱性に関するサイバー脅威情報

FireEyeでは、APT攻撃(Advanced Persistent Threat: 高度で持続的な標的型攻撃)グループの素性や活動内容、TTP(ツール、戦術、手順)の見極め方を解説したサイバー脅威情報レポートを定期的に公開しています。このほか、Eメールやサンドボックス、モバイル・デバイスなど、ビジネス環境で使用されるテクノロジーの脆弱性を取り上げたサイバー脅威情報レポートも提供しています。これらの情報は、APTグループや高度なサイバー攻撃への対策強化に役立てることができます。

破壊的な影響を引き起こす6つのセキュリティ問題

本レポートでは、プラント環境の操業妨害に悪用されうる6つの問題について解説します。この6つの問題は、事業の継続に破壊的な影響を引き起こすにもかかわらず、多くの環境で見過ごされています。レポートのチェックリストに従って問題を解消すれば、関連するリスクを最小限に抑えることができます。

レポートをダウンロード

カード情報が金銭に変わるまで:攻撃グループFIN6の活動の解析

攻撃グループFIN6がクレジット・カード情報を窃取し、闇市場で転売するまでの流れを解説します。

レポートをダウンロード

引かれた境界線:サイバー・スパイの検討し直す中国

26か国で発生した262件の侵入活動の分析をもとに、中国を拠点とする攻撃者が用いる戦術の変化の背後にある理由と、今後の暗躍の可能性について説明します。

レポートをダウンロード

脅威情報:独立調査

脅威情報:攻撃グループ

脅威情報:テクノロジー