脅威情報レポート

APT30 の攻撃手法と動作メカニズム 長期に及ぶサイバー・スパイ活動の実態

東南アジア諸国やインドの組織を狙ったサイバー・スパイ活動かもしれない──。シンガポールにあるFireEye Labsのスタッフがこう直感したのは、同地域の組織を重点的に狙うマルウェアを検証していたときのことです。 FireEyeが提供する最新の脅威情報レポート『APT30の攻撃手法と動作メカニズム - 長期に及ぶサイバー・スパイ活動の実態』では、同地域の政治、経済、軍事関連の重要情報を持つ官公庁や民間企業を標的に、10年以上にわたってサイバー・ スパイ活動を展開している攻撃グループの存在を明らかにしています。

technology-server-room-320x240

 

企業のサイバー攻撃対策に役立つ脅威情報

サイバー攻撃の検知、防御、対応を支援する脅威情報。FireEyeはその脅威情報の収集と活用において、業界トップの実績を誇ります。FireEyeが独自に持つデータをふんだんに活用した以下の脅威情報レポートでは、APT攻撃の実態や、年次脅威動向調査の結果、業界動向、詳細なマルウェア解析結果について解説しています。 サイバー攻撃の最新動向の把握とセキュリティ対策の強化に、各レポートをお役立てください。  

 

M-Trends 2015 セキュリティ最前線からの視点

の業種で発生したセキュリティ・インシデント数百件の分析結果、統計情報、事例研究を元に、APT攻撃(Advanced Persistent Threat: 高度で持続的な標的型攻撃)で使用されるツールや手口が過去1年間でどのように進化したかを示しています

レポート(日本語)をダウンロード

ウォール街をハッキング? 市場をもてあそぶFIN4グループ

FIN4と呼ばれる脅威グループは、100社以上の株式公開企業およびコンサルティングを標的とした攻撃を展開しています。 攻撃を受けている業種や利用されている手法などの詳細をご確認ください。

レポート(日本語)をダウンロード

シリア内戦の背後で進行していたサイバー諜報活動

本レポートで解説しているように、シリア反政府勢力の通信ログや戦闘計画についての文書が巧妙なハッキング活動によって盗み出されていました。

レポート(日本語)をダウンロード


年次脅威レポート

脅威情報レポート

第三者によるレポート