Texture Side Right Green 02

脅威インテリジェンス・レポート

高度な攻撃グループと技術的な脆弱性に関するサイバー脅威インテリジェンス

FireEyeでは、APT攻撃(Advanced Persistent Threat:高度で持続的な標的型攻撃)の実行グループの素性や活動内容、TTP(Tactics、Techniques、Procedures)の見極め方を解説したサイバー脅威インテリジェンス・レポートを定期的に公開しています。このほか、Eメールやサンドボックス、モバイル・デバイスなど、ビジネス環境で使用されるテクノロジーの脆弱性を取り上げたサイバー脅威インテリジェンス・レポートも提供しています。これらの情報は、APTグループや高度なサイバー攻撃への対策強化に役立てることができます。

イランの関与が疑われる活動

米国や英国などのユーザーをターゲットに、偽のニュースサイトやソーシャル・メディアを活用しています。

レポートをダウンロード

APT28:暗躍するロシアのサイバーエスピオナージ・グループ

サイバー攻撃グループAPT28は果たしてロシア政府の支援を受けているのでしょうか。このレポートでは、APT28のサイバー攻撃が10年にわたってロシアの戦略的な利益に貢献し、シリア紛争や2016年の米国大統領選挙などに影響を与えてきた状況をまとめています。ぜひご一読ください。

レポートをダウンロード

APT37 (Reaper):知られざる北朝鮮の攻撃グループ

APT37(Reaper)として追跡されている、北朝鮮のサイバーエスピオナージ攻撃者と思われる攻撃グループについて説明します。

レポートをダウンロード

サイバー脅威インテリジェンス

攻撃者の動向を把握したいなら
Mandiant Advantageにお任せください

脅威インテリジェンス:独立調査

脅威インテリジェンス:攻撃グループ

脅威情報:テクノロジー

  • 破壊的な影響を引き起こす6つのセキュリティ問題本レポートでは、プラント環境の操業妨害に悪用されうる6つの問題について解説します。この6つの問題は、事業の継続に破壊的な影響を引き起こすにもかかわらず、多くの環境で見過ごされています。レポートのチェックリストに従って問題を解消すれば、関連するリスクを最小限に抑えることができます。
  • Overload: Critical lessons from 15 years of ICS vulnerabilitiesこの脅威情報レポートでは、産業制御システム(ICS)の脆弱性の開示に関する傾向と、ICS資産所有者向けの見通しと推奨事項を説明します。(英語)
  • Connected Cars: The open road for hackers車両の内部システムと外部システムに対するリスク上位5件について説明します。(英語)
  • Matryoshka Mining: Lessons from Operation RussianDoll今後発生する攻撃を検知し、高度なマルウェア解析を実施するツールとテクニックを紹介します。(英語)
  • FireEye Labs Report: 2015 holiday season email campaignsFireEye Labsが収集した、2015年の休暇シーズン中に拡散して大きな注目を集めたマルウェア・ファミリー6種について説明します。(英語)
  • SYNful Knock: A Cisco Implant攻撃者がCiscoルータを攻撃経路として利用して足がかりを築き、データを窃取したセキュリティ・インシデントについて詳しく解説します。
  • Windows Management Instrumentation (WMI) Offense, Defense, and Forensics Windows Management Instrumentation(WMI)を悪用した攻撃手法と、このような攻撃を的確に検知し対処するためのネットワーク・セキュリティ対策について詳しく解説します。(英語)
  • Mobile Threat Report標的型のマルウェアやアドウェア、深刻な脆弱性を含む正規のアプリなど、モバイル・デバイスに対する主要な脅威について詳しく解説します。(英語)