脅威情報レポート: 戦略的な進化を遂げるロシアのAPT28によるサイバー活動

地域規模のサイバー攻撃グループが2016年の米国大統領選挙など注目度の高い国際問題に影響を及ぼしているとして、近ごろ、ロシアのスパイ活動に対する懸念が新聞の見出しを賑わせています。

米国連邦政府は、FireEyeが長く言い続けてきた「ロシアのサイバー攻撃グループAPT28はまちがいなくロシア政府の支援を受けている」とする主張を認め、先日、APT28によるスパイ活動を阻止するために侵害インジケーター(IOC)を公開しました。このAPT攻撃(Advanced Persistent Threat: 高度で持続的な標的型攻撃)について、数々のサイバー攻撃やセキュリティ侵害を通じてAPT28を追跡してきたFireEyeが、攻撃グループの動機と技術、戦術、手順(TTP)に関する独自の見解をご紹介します。

脅威に関するレポート「At the Center of the Storm: Russia's APT28 Strategically Evolves its Cyber Operations(嵐のただ中で:戦略的な進化を遂げるロシアのAPT28によるサイバー活動)」では、以下の項目に関するFireEye独自の知見を15ページにわたって紹介しています:

  • ロシアの戦略的な利益に貢献する、10年にわたるAPT28のサイバー攻撃。
  • 標的へのセキュリティ侵害に利用される技術、戦術、手順(TTP)。
  • APT28による過去のセキュリティ侵害からFireEyeが収集したフォレンジック情報と攻撃者に関する情報 APT28による過去のセキュリティ侵害からFireEyeが収集したフォレンジック情報と攻撃者に関する情報。
  • シリア紛争、NATOとウクライナの関係、2016年の米国大統領選挙など、注目度が高い国内問題や国際的な問題に対するAPT28の影響力。

レポートでは、阻止する相手の正体とその理由についての貴重な知見、および注目を集めるロシアの脅威に関する概要をご紹介しています。この無料レポートを今すぐダウンロードして、お役立てください。

レポートをダウンロード