M-Trends: セキュリティ侵害の最新動向2014

2014年版M-Trends脅威レポートは、ファイア・アイと合併したMandiantが実際に対応した数百件ものインシデント事例に基づく主要な統計や分析結果、ケーススタディを紹介し、この1年で遂げたAPT攻撃の進化をわかりやすく説明しています。レポートによると、企業は以前より早期に攻撃を発見できるようになりましたが、セキュリティ侵害は社内で検出するのではなく、第三者から通知を受けて初めて知るケースが増加しているようです。M-Trendsレポートは、技術的な知識がなくても理解できる信頼性の高いデータ、説得力のある実例、重要な背景情報を掲載しています。

このレポートには、世界中で大きな注目を集めたAPT1レポートの公開後に発見された中国のサイバー活動の最新情報も掲載しています。また、国家が支援するサイバー攻撃の概要やシリア電子軍が大手メディアのWebサイトやTwitterアカウントを乗っ取った詳しい経緯なども紹介しています。

このレポートは、こちらのページからダウンロードしていただけます。主な内容は次のとおりです。

  • Ÿ 攻撃者がターゲットのネットワークに検出されずに潜伏できた平均日数
  • Ÿ 第三者の指摘に頼らず、社内でネットワークの不正侵入を検出できた組織の割合
  • Ÿ サイバー攻撃の被害が多い業種
  • Ÿ 国家レベルのサイバー攻撃の動機や背景
  • Ÿ 小売業者を狙った最近の攻撃で使われている新しい戦略

Mandiantの年次脅威レポート「M-Trends: セキュリティ侵害の最新動向2014」はファイア・アイが無料で提供しています。ダウンロードするには、右側のフォームに必要事項を入力してください。レポートのリンクを記載した電子メールをお送りいたします。

レポートをダウンロード