セキュリティ動向予測レポート

その先を見据えて:
2019年、そしてこれからのサイバー・セキュリティ

FireEye が毎年年末に発行している『セキュリティ動向予測レポート』では、FireEye 独自の視点から、攻撃グループや被害となりうる組織、セキュリティ・ベンダー、国家などについて、これからの動向予測をご紹介しています。

『その先を見据えて:2019年、そしてこれからのサイバー・セキュリティ』の概要:
  • 攻撃者は、クラウド移行されたデータをどう狙いに来るか
  • クラウドとオンプレミス、異なるセキュリティアプローチが求められる理由
  • 国家によるサイバー攻撃力への注力:その背景
  • セキュリティ専門家不足への対処法
  • 防御に最も役立つのは、どのようなタイプのセキュリティ技術か     
  • 地域別攻撃インサイト                      ほか
Security Predictions 2019

関連動画

以前のレポート

2018年セキュリティ動向予測

FireEyeをはじめとするセキュリティ・ベンダーが、敵の利益につながるような情報を明かしてしまっては、攻撃グループとの戦いを有利に進めることはできません。

レポートをダウンロード

Q&A形式で見る 2017年のセキュリティ・トレンド予測

本レポートでは、FireEyeの経営幹部、Mandiantの専門家、そしてFireEye iSIGHTインテリジェンス・チームの見解に基づき、組織が2017年に直面するセキュリティ・トレンドとその課題を予測しています。主な内容は次のとおりです。

レポートをダウンロード

関連リソース