年次脅威レポート

2019年、そしてこれからのサイバー・セキュリティ

『その先を見据えて:2019年、そしてこれからのサイバー・セキュリティ』の概要:

  • 攻撃者は、クラウド移行されたデータをどう狙いに来るか
  • クラウドとオンプレミス、異なるセキュリティアプローチが求められる理由
  • 国家によるサイバー攻撃力への注力:その背景
  • セキュリティ専門家不足への対処法
  • 防御に最も役立つのは、どのようなタイプのセキュリティ
Security Predictions 2019

サイバー・リスクの最新情報を提供する年次脅威レポート

FireEyeでは、お客様環境で稼働する数百万台の仮想マシンから脅威情報を収集し、その解析結果を公表しています。収集したデータを広くサイバー攻撃対策に役立てていただけるよう、セキュリティ専門のアナリストがデータを監視、解析し、パッケージ化しています。FireEyeが発表する年次脅威レポートでは、各業種における世界規模および地域規模の脅威トレンドについて解説するとともに、個々のマルウェアを詳細に解析しています。

M-Trends 2018:最新のサイバー攻撃のトレンドを理解する

最新版となるM-Trends 2018レポートでは、独自の脅威インテリジェンスに基づき、次の問題について解析しています。

レポートをダウンロード

M-Trends 2017:セキュリティ侵害およびサイバー攻撃の背景にある最新トレンド

特に影響が大きかったセキュリティ侵害やサイバー攻撃の調査結果をもとに、2016年のセキュリティ脅威トレンドを解析します。

レポートをダウンロード

年次/地域脅威レポート


アーカイブ

高度な攻撃に関する脅威レポート:2012年下半期版 高度な脅威の動向、進化するAPT攻撃の手口、業種別の被害状況に関する、FireEye Malware Intelligence Lab独自の調査および分析結果を紹介します。

高度な攻撃に関する脅威レポート:2012年上半期版 爆発的に増加するWebベースおよびメールベースの高度なマルウェアについての調査結果です。

M-Trends 2012: An Evolving Threat 2012年の年次脅威レポートです。各種の知見や統計情報、事例研究を元に、高度なサイバー攻撃で使用されるツールや手口の進化を分析しています。(英語)

Advanced Threat Report for 2H 2011 FireEye Malware Intelligence Labが発表した、2011年下半期の脅威情報レポートです。(英語)

Advanced Threat Report for 1H 2011 2011年上半期の脅威情報レポートです。新時代を迎える高度な標的型攻撃の実態を明らかにします。(英語)

M-Trends 2011: When Prevention Fails 2011年の年次脅威レポートです。高度なAPT攻撃によるセキュリティ侵害の実態を詳しく解説します。(英語)

M-Trends 2010: The Advanced Persistent Threat 2010年の年次脅威レポートです。米国政府や軍需産業、営利企業におけるセキュリティ侵害調査で収集された脅威情報を分析しています。(英語)