年次脅威レポート

Q&A形式で見る 2017年のセキュリティ・トレンド予測

本レポートでは、FireEyeの経営幹部、Mandiantの専門家、そしてFireEye iSIGHTインテリジェンス・チームの見解に基づき、組織が2017年に直面するセキュリティ・トレンドとその課題を予測しています。主な内容は次のとおりです。

  • 産業制御システムを狙った攻撃の今後の動向
  • 2017年のセキュリティ投資の動向
  • 米国のトランプ政権発足後に予測される動き
  • セキュリティが未成熟な地域の当面の動向

M-Trends 2016

サイバー・リスクの最新情報を提供する年次脅威レポート

FireEyeでは、お客様環境で稼働する数百万台の仮想マシンから脅威情報を収集し、その解析結果を公表しています。収集したデータを広くサイバー攻撃対策に役立てていただけるよう、セキュリティ専門のアナリストがデータを監視、解析し、パッケージ化しています。FireEyeが発表する年次脅威レポートでは、各業種における世界規模および地域規模の脅威トレンドについて解説するとともに、個々のマルウェアを詳細に解析しています。

M-Trends 2016

M-Trends 2016では、トレンドや統計情報、事例を紹介しながら、高度な攻撃が過去1年間でどのように進化したかについて解説します。

レポートをダウンロード

Southeast Asia: Cyber Threat Landscape

東南アジアで最も拡散しているマルウェアや特に狙われている業種を紹介します。

レポートをダウンロード

Regional Advanced Threat Report: Latin America 1H 2015

2015年上半期に中南米諸国(ブラジル、ペルー、チリ、メキシコ、アルゼンチン)で発見された、コンピュータ・ネットワークを狙った高度な攻撃に関する概要レポートです。

レポートをダウンロード


年次/地域脅威レポート



アーカイブ

高度な攻撃に関する脅威レポート:2012年下半期版 高度な脅威の動向、進化するAPT攻撃の手口、業種別の被害状況に関する、FireEye Malware Intelligence Lab独自の調査および分析結果を紹介します。

高度な攻撃に関する脅威レポート:2012年上半期版 爆発的に増加するWebベースおよびメールベースの高度なマルウェアについての調査結果です。

M-Trends 2012: An Evolving Threat 2012年の年次脅威レポートです。各種の知見や統計情報、事例研究を元に、高度なサイバー攻撃で使用されるツールや手口の進化を分析しています。(英語)

Advanced Threat Report for 2H 2011 FireEye Malware Intelligence Labが発表した、2011年下半期の脅威情報レポートです。(英語)

Advanced Threat Report for 1H 2011 2011年上半期の脅威情報レポートです。新時代を迎える高度な標的型攻撃の実態を明らかにします。(英語)

M-Trends 2011: When Prevention Fails 2011年の年次脅威レポートです。高度なAPT攻撃によるセキュリティ侵害の実態を詳しく解説します。(英語)

M-Trends 2010: The Advanced Persistent Threat 2010年の年次脅威レポートです。米国政府や軍需産業、営利企業におけるセキュリティ侵害調査で収集された脅威情報を分析しています。(英語)