Texture Top Right Blue 05

年次脅威レポート

来たるべきもの:2020年、そしてこれからのサイバー・セキュリティ

無料レポート『来たるべきもの:2020年、そしてこれからのサイバー・セキュリティ』の概要

  • なりすましや無効化などのサイバーエスピオナージ活動やサイバーインフルエンス・オペレーションによる、投票および選挙システムの妨害
  • セキュリティ・ベンダーの傾向、アプローチ、行動
  • 脅威インテリジェンスの実践的かつ効果的な活用
  • 攻撃者と攻撃手法の方向性予測 
  • クラウド・プロバイダーとクラウド利用者にとっての課題と機会
  • サイバー・セキュリティの計画と実践における、経営陣および取締役との協力体制
2020年セキュリティ動向予測

サイバー・リスクの最新情報を提供する年次脅威レポート

FireEyeでは、お客様環境で稼働する数百万台の仮想マシンから脅威インテリジェンスを収集し、その解析結果を公表しています。収集したデータを広くサイバー攻撃対策に役立てていただけるよう、セキュリティ専門のアナリストがデータを監視、解析し、パッケージ化しています。FireEyeが発表する年次脅威レポートでは、各業種における世界規模および地域規模の脅威トレンドについて解説するとともに、個々のマルウェアを詳細に解析しています。

すべての『セキュリティ動向予測レポート』を見る

セキュリティ動向予測レポート

『セキュリティ動向予測レポート』では、FireEye独自の視点から、攻撃グループ、被害を受ける組織、セキュリティ・ベンダー、国家について、翌年の動向予測をご紹介しています。

すべての『セキュリティ動向予測レポート』を見る

すべての『M-Trends』レポートを見る

M-Trends

世界中で発生した、特に影響が大きかったセキュリティ侵害やサイバー攻撃の調査結果をもとに、セキュリティ脅威トレンドを解析し、統計情報を紹介します。

すべての『M-Trends』レポートを見る

脅威レポート

地域脅威レポート