FireEyeを選ぶ理由

業界をリードする高度なセキュリティ・ソリューションで 攻撃に備えると共に、発生中や事後もお客様を保護

FireEyeは、規模の大小を問わず、組織を高度なセキュリティ脅威やデータ侵害、ゼロデイ攻撃から保護します。さまざまな業界の組 織が寄せる信頼に応えて、FireEyeは重要なインフラや資産、知的財産を確実に守り、評価の低下や多額の復旧費用、ダウンタイムを回避します。

 

 

従来型のシグネチャ・マッチングに基づく防御や、重要度が識別不能な膨大なセキュリティ・アラートに依存しないFireEyeのアプローチなら、未知の高度なサイバー攻撃にも対処できます。複数のアラートにおける相互関係が特定され、優先度の判断、迅速な復旧を実現する実用的なコンテキスト情報の入手が可能となるFireEye製品のご利用を是非ご検討ください。 

FireEyeの適応型防御は、テクノロジー、インテリジェンス、専門知識を適切に組み合わせて適用し、APT攻撃(Advanced Persistent Threat: 高度で持続的な標的型攻撃)からの保護を可能にする、サイバー・セキュリティに対する新しいアプローチですセキュリティ・ソリューションは、既知、未知を問わず、サイバー攻撃を検知、防御、解析して対応できなければなりません。FireEyeの適応型防御を導入すれば、業界をリードするテクノロジー、リアルタイムの脅威情報、実績を積み重ねた専門知識を、自社のニーズに合わせて最適な形で組み合わせて活用できます

テクノロジー

テクノロジー

たとえ未知のマルウェアであっても、モバイル、エンドポイント、およびネットワーク・デバイス上のEメールやネットワーク・トラフィック、コンテンツ・ファイルまで保護されます。すべてのFireEye製品の核となるのは、特許技術のMulti-Vector Virtual Execution(MVX)エンジンです。十分な安全性が確保された実環境さながらの仮想環境において、疑わしい脅威を実行、解析します。このようなFireEye独自のテクノロジーにより、従来を上回る的確さで未知の脅威を検知し、攻撃の前後も発生中も組織を守ります。

脅威情報(インテリジェンス)

脅威情報(インテリジェンス)

セキュリティ脅威の素早い検知と優先度の判断を可能にし、迅速な対応を実現するのが、FireEyeが提供する脅威情報(インテリジェンス)です。その基礎となるのが、数百万台の仮想マシンが収集した情報や数十年に及ぶインシデント・レスポンス事例に基づいて定期的に更新される、攻撃と攻撃者に関するデータです。FireEye Labsチームが追跡、特定した最新の攻撃者の行動パターンや技術革新についての知見が、セキュリティ・コミュニティ全体で共有されます。

専門知識

専門知識

日々発生する脅威を解析し、一歩間違えば重大なインシデントに発展しかねなかったセキュリティ侵害を最前線で食い止めてきたFireEyeの専門チームが、お客様のセキュリティ・チームを強化しサポートします。FireEyeの専門家は、お客様環境を継続的に監視して脅威を予防措置的に見つけ出し、リクエストに応じて迅速なインシデント・レスポンスを支援します。

今日のサイバー・セキュリティは、一度設定したら後はお任せ、という安易なアプローチでは機能しません。攻撃もテクノロジーも高度化の一途を辿る反面、専門家は不足しています。そこでFireEye製品を導入すれば、お客様が即応性と柔軟性に優れる統合型セキュリティを実現する上で、必要な知識やパワー、スキルを確保できます。サイバー・セキュリティ対策を今すぐ強化し、自社の資産を保護しましょう。