FireEye、製品事業をSymphony Technology Groupに12億ドルで売却することを発表

  • 全額現金での取引により、高成長のMandiant Solutions事業の可能性を開放
  • 取引完了後も両社はリセラー契約を保持し、継続したパートナーシップにより製品のテレメトリーと最前線の脅威情報を共有することでお客様とパートナーをサポート
  • FireEyeの取締役会は、5億ドルを上限とする株式買い戻し計画を承認

2021年6月3日 – FireEye, Inc. (NASDAQ: FEYE) は本日、FireEyeの名称を含む同社の製品事業を、Symphony Technology Group(STG)が率いるコンソーシアムに、税金および取引関連費用控除前の全額現金12億ドルで売却する正式契約を締結したことを発表しました。

この取引は、慣習的な規制当局の承認と完了条件に従い、2021年第4四半期末までに完了する予定です。これに伴い、FireEyeのネットワーク、Eメール、エンドポイント、クラウド・セキュリティ製品と、関連するセキュリティ管理およびオーケストレーション・プラットフォームが、Mandiantソリューションのコントロール・アグノスティックな(利用しているセキュリティ・テクノロジー依存しない)ソフトウェアとサービスから分離されます。これにより両社は成長への投資を加速し、新しい市場参入経路を追求し、それぞれのソリューションにイノベーションをもたらすことに集中することができます。FireEyeの製品事業とMandiant Solutionsは、本取引が完了するまでは単一の事業体として運営され、FireEye経営陣とSTGは同製品事業をSTGのポートフォリオ内の独立した事業体に移行するための準備を進めます。

新しい事業体においても、両社は強力なパートナーシップを構築・維持することをお客様に約束し、取引完了時には共通のお客様に対して利益を最大化するよう設計された契約を締結します。これらの契約には、リセラー、市場協力、戦略的協力および移行サービスに関するものが含まれます。両社が技術、テレメトリー、脅威情報や専門知識を共有することで、お客様やパートナーはこれらの契約からメリットを十分に享受できることを期待できます。

FireEyeの最高経営責任者(CEO)であるKevin Mandia(ケビン・マンディア)は次のように述べています。「今回の事業分割により、高い成長を続けるMandiant Solutionsの事業を活性化させ、両社がより良いサービスをお客様に提供できるようになると確信しています。取引完了後、当社はMandiant Advantageプラットフォームを通じて脅威インテリジェンスと最前線からの専門の経験と知識を拡大させることに専念できるようになり、一方でFireEye製品事業はクラウドファーストを念頭に置いたセキュリティ製品ポートフォリオへの投資を優先することができます。STGは、ソフトウェアとサイバーセキュリティにおいて革新的なマーケットリーダーの育成に注力しており、FireEyeの製品事業にとって理想的なパートナーです。脅威インテリジェンスと専門知識に専念する当社との今後のコラボレーションを楽しみにしています。」

STGのマネージング・パートナーであるWilliam Chisholm氏は次のように述べています。「当社はFireEyeの製品事業と、お客様のために果たすミッションクリティカルな役割に非常に感銘を受けています。この事業にはまだ未開発な機会が大いにあると信じており、我々のセキュリティ・ソフトウェア分野の豊富な経験と市場開拓の専門性を組み合わせて、この機会を最大限に活用したいと考えています。」

Mandiant Solutionsは、世界中の企業、政府、法執行機関にサービスを提供し、最前線からの脅威インテリジェンスとサイバーセキュリティの専門知識において、市場リーダーとしての地位を確立しています。あらゆる組織をサイバー脅威から守ることを使命とするMandiantは、オープンなSaaS型プラットフォーム「Mandiant Advantage」を通じて、インテリジェンスと専門知識の包括的な提供を拡大し続けています。Mandiant Advantageを利用することで、あらゆる規模のお客様が、最前線からの最新の脅威インテリジェンスにアクセスし、アラートの調査と優先順位付けを自動化し、あらゆるベンダーのセキュリティ対策製品の有効性を検証することができます。

FireEyeは、ネットワークセキュリティ用にMulti-Vector Execution(MVX)エンジンを開発し、高度な脅威を検知する製品市場を開拓しました。それ以来、FireEyeはネットワーク、Eメール、エンドポイントやクラウド・セキュリティ、および関連するセキュリティ管理やオーケストレーション・プラットフォームなど製品群を拡張しながら、機械学習や高度な分析によって検知・防御技術を進化させるための革新を続けてきました。現在、FireEyeのインテリジェントかつクラウドファーストなXDRプラットフォームは、Forbes Global 2000の50%以上の企業に対して比類のない検知、保護、レスポンス機能を提供しています。

FireEyeに対してはGoldman Sachs & Co. LLCが財務アドバイザーを、Wilson Sonsini Goodrich & Rosati P.C.が法務アドバイザーをそれぞれ務めています。

STGに対しては、UBS Investment BankとJefferies LLCが財務アドバイザーを、Paul Hastings LLPが法務アドバイザーをそれぞれ務めています。またUBS Investment BankとJefferies LLCは、本取引のための資金を提供しています。

株式買い戻し計画の承認

同社は取締役会において、5億ドルを上限とするFireEyeの発行済普通株式の買い戻し計画を承認したことを発表しました。

買い戻しは経営陣の裁量により、公開市場で、非公開で交渉された取引およびルール10b5-1プランを通じて随時行うことができます。買い戻し計画に終了日はなく、いつでも一定期間停止、修正または中止することができます。取得した株式は、一般的な企業目的に利用できます。

Symphony Technology Groupについて

Symphony Technology Group(STG)は、データ、ソフトウェア、分析の市場をリードする企業のプライベートエクイティ・パートナーです。 同社は戦略的価値を構築し、革新的な企業の可能性を引き出すために専門知識、柔軟性およびリソースを提供します。 STGは、顧客中心で市場を勝ち取るポートフォリオ企業を構築するために提携し、既存および将来のすべての利害関係者に価値をもたらす、成長のための持続可能な基盤を構築します。 同社は、ワールドクラスの経営チームと協力して、優れたテクノロジー企業の変革と構築に取り組んでいます。 STGの広範なポートフォリオは、35社以上のグローバル企業で構成されています。 詳細については、www.stgpartners.com をご覧ください。

■FireEye ® (ファイア・アイ)について

FireEyeはインテリジェンス主導型のセキュリティ企業です。顧客企業は、FireEyeの革新的セキュリティ技術、国家レベルの脅威インテリジェンス、世界的に著名なMandiant®コンサルティングの知見が統合された単一プラットフォームを、自社のセキュリティ対策の一部としてシームレスに組み込むことができます。このアプローチにより、FireEyeは準備、防御、侵害・レスポンスといった、組織がサイバー攻撃対策をするうえでの課題となっていた複雑性や負担を解消します。FireEyeは「Forbes Global 2000」企業の5割以上を含む、世界103か国以上の10,100を超える組織で利用されています。

FireEyeウェブサイト: https://www.fireeye.jp/ 

 

【報道関係の方からのお問い合せ先】

ファイア・アイ広報事務局
(ホフマンジャパン株式会社内)
担当: 小倉 / 小嶋
Email: [email protected]

 

Forward-looking Statements

This press release contains forward-looking statements, including statements related to the timing of the completion of the transaction; the amount of cash proceeds and the use thereof; the effects of the transaction on FireEye’s remaining customers and Mandiant’s controls-agnostic software and services; the Company’s ability to accelerate growth investments, pursue new go-to-market pathways, and focus innovation on its solutions; its expectations around the certainty of and timing of closing of the transaction; any other statements of expectation or belief; and any statements of assumptions underlying any of the foregoing, as well as statements regarding plans and opportunities.

These forward-looking statements involve risks and uncertainties, as well as assumptions which, if they do not fully materialize or prove incorrect, could cause FireEye’s results to differ materially from those expressed or implied by such forward-looking statements. The risks and uncertainties that could cause FireEye’s results to differ materially from those expressed or implied by such forward-looking statements include failure to satisfy any of the conditions to the completion of the proposed transaction; the occurrence of any event, change or other circumstance that could give rise to the termination of the Asset Purchase Agreement; whether and when FireEye executes on the stock repurchase, and its ultimate size, which is based on a number of assumptions; the effect of the sale of the FireEye assets on the Company’s retained businesses and products; retention of existing executive leadership team members; difficulties in improving go forward execution and product development during transitions; general business and economic conditions; fluctuations and volatility in FireEye’s stock price; the ability of FireEye to successfully execute strategic plans; the ability to maintain customer and partner relationships; the ability of FireEye to achieve its cost and operating efficiency goals; the anticipated growth of certain market segments; FireEye’s sales pipeline and business strategy; fluctuations in tax rates and foreign currency exchange rates; the timing and market acceptance of new product releases and upgrades; and the successful development of new products and the degree to which these products gain market acceptance; and general market, political, economic, and business conditions, as well as those risks and uncertainties included under the captions “Risk Factors” and “Management’s Discussion and Analysis of Financial Condition and Results of Operations” in FireEye’s Form 10-Q filed with the Securities and Exchange Commission on April 30, 2021, which should be read in conjunction with these financial results and is available on the Investor Relations section of FireEye’s website at investors.fireeye.com and on the SEC website at www.sec.gov.

All forward-looking statements in this press release are based on information available to the company as of the date hereof, and FireEye does not assume any obligation to update the forward-looking statements provided to reflect events that occur or circumstances that exist after the date on which they were made, except as required by law. Any future product, service, feature, or related specification that may be referenced in this release is for informational purposes only and is not a commitment to deliver any offering, technology or enhancement. FireEye reserves the right to modify future product or service plans at any time.

 

©2021 FireEye, Inc. のすべての権利を保有しています。FireEyeおよびMandiantは、米国およびその他の国におけるFireEye, Inc.の商標または登録商標です。その他のブランド名、製品名、サービス名は、それぞれの所有者の商標またはサービスマークです。