ファイア・アイ、新たにクラウドセキュリティ機能を追加

クラウドに重点を置いた新しい機能により、場所を問わず最高クラスのFireEye脅威検出と保護を実現し、ますます複雑化するハイブリッドセキュリティ環境を保護

2019年11月13日 -インテリジェンス主導型のセキュリティ企業、ファイア・アイ(FireEye、本社:米国カリフォルニア州ミルピタス、日本法人:東京都千代田区、代表取締役社長:西村隆行)は本日、ますます加速するクラウドベースのコンピューティング環境を保護する、新しいセキュリティ機能を発表しました。

クラウドにおける脅威は、従来とは異なる性質を持っています。クラウドシフトが進む一方、多くの企業や組織では、複雑なマルチクラウドインフラストラクチャに可視性をもたらし、必要なセキュリティ対策を行うための必要な制御がなされていません。今回追加された機能は、ファイア・アイの技術とインテリジェンスによって、より広範囲な検出と一元的な可視性の提供、設定監視およびユーザ行動分析を、クラウドベースのアーキテクチャについても提供できるようにするものです。これらの機能はシームレスに動作し、従来の防御を回避する高度な攻撃を識別できます。ファイア・アイは、インラインモード、パッシブモード、オンプレミス、ハイブリッド、仮想環境を含む、ほぼすべての一般的な導入モデルに対応できるようになりました。

今回リリースされたFireEye®Cloud Security Solutionには、新しいクラウド版のFireEyeネットワーク・セキュリティ、新しいDetection On Demandおよび強化されたFireEye HelixTMセキュリティオペレーションプラットフォームの機能が含まれています。

FireEye Detection On Demandでクラウドの脅威を防御

FireEye Detection On Demandは、クラウドネイティブのサービスで、ファイルを用いた脅威を簡単に特定することができます。Detection On Demandは、カスタム・アプリケーションへの統合、サード・パーティによる利用、またスタンドアロンでの利用も可能です。他のファイア・アイのソリューションと同様、Detection On Demandも、ファイア・アイの脅威インテリジェンスの専門家から得た洞察を活用し、コンテンツがなぜ悪質であると判定されたかについての詳細情報を提供するため、お客様は悪意あるコンテンツを修復するために必要な情報を得ることができます。Detection On Demandは柔軟な導入オプションが提供されるため、お客様はファイア・アイの最先端の脅威検出機能をサードパーティ製を含めた既存のセキュリティツールと組み合わせて導入することができます。また、開発者向けに新たに提供を開始するDeveloper Hubでは、Detection On Demandなどのファイア・アイの主要な機能を、あらゆるクラウドアプリケーションやサービスに対し、柔軟でスケーラブルなセキュリティレイヤーを追加できるようになりました。

FireEye Detection On Demandは、AWS Marketplaceで年間契約のサブスクリプションとして提供されます。

AWSにおけるFireEye Network Securityの提供

あらゆる仮想クラウド環境における脅威保護とデータ漏洩防止を強化するため、AWS Marketplaceで利用可能なFireEye Virtual Network Securityの提供を開始します。

Infrastructure as a Service (IaaS)プラットフォームの利用拡大は、組織に対し新たな課題を生んでいます。クラウドITインフラストラクチャ上で、ランサムウェア、WebShell、標的型マルウェアなど新しい攻撃手法に直面した場合、従来の防御体制が役に立たなくなる可能性があります。

FireEye Virtual Network SecurityはAWS内でネイティブに動作するため、お客様は既存の防御対策をクラウドデータセンターに拡張すると同時に、サーバに焦点を当てた保護をワークロードに追加することができます。その結果、組織はオンプレミスと同様に、詳細なトラフィック分析や、脅威防御を実現することができます。

FireEye Virtual Network Securityは、AWS Marketplaceで年間契約のサブスクリプションとして提供されます。

FireEye Helixによる高度なクラウド脅威分析の提供

AWSとOffice365における攻撃者の異常行動および脅威を検出するため、Mandiant®インシデントレスポンスの専門知識を活用した新しいデータ分析ルールパックをFireEye Helixに追加しました。FireEye Helixは、FireEye 脅威インテリジェンスから得られた洞察を活用することで本機能を強化し、FireEye Cloud Security Solutionの価値をさらに高めています。これらの機能を連携させることで、クラウドの設定ミス、認証情報の不正使用、パスワードスプレー攻撃、管理者の異常行動、地理的に不可能なアクティビティなど、現在クラウドが直面しているセキュリティ上の課題を特定できます。シングルクリックでクラウドのオンボードを可能にする機能およびマルチテナント機能とともに、今回の機能拡張は、FireEye Helixのセキュリティ運用プラットフォームとしての進化における一つのマイルストーンになっています。

ファイア・アイの製品およびカスタマー・サクセス担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント、グレイディ・サマーズ(Grady Summers)は次のように述べています。「クラウドサービスの急速な普及は、組織に新たな機会をもたらしています。しかしそれに伴い、新たなサイバー脅威も生まれています。最近、弊社が対応している侵害の半数以上は、クラウドインフラストラクチャに関するものです。本日我々は、組織がクラウドで実行・保有している資産を保護するための新しい機能を発表しました。サービスとして提供している最高クラスの脅威検出、インテリジェンス、保護機能が、クラウドやハイブリッド環境でも、場所を問わず全てのお客様が利用できるようになりました。また、クラウド可への道のりがは組織ごとに異なるため、カスタムのWebアプリケーション作成支援を目的とした、脅威検出技術のサードパーティへの提供も開始しました。」

■FireEye ® (ファイア・アイ)について

FireEyeはインテリジェンス主導型のセキュリティ企業です。顧客企業は、FireEyeの革新的セキュリティ技術、国家レベルの脅威インテリジェンス、世界的に著名なMandiant®コンサルティングの知見が統合された単一プラットフォームを、自社のセキュリティ対策の一部としてシームレスに組み込むことができます。このアプローチにより、FireEyeは準備、防御、インシデント・レスポンスといった、組織がサイバー攻撃対策をするうえでの課題となっていた複雑性や負担を解消します。FireEyeは「Forbes Global 2000」企業の5割以上を含む、世界103か国以上の8,500を超える組織で利用されています。

FireEyeウェブサイト

【報道関係の方からのお問い合せ先】
ファイア・アイ広報事務局
(ホフマンジャパン株式会社内)
担当: 小倉 / 我喜屋 / 藤本 / 小嶋
Tel: 03-5159-5750
Email: FireEye_PR@hoffman.com

FireEyeはFireEye, Inc.の登録商標です。その他すべてのブランド、製品、またはサービスの名前は、それぞれ該当する所有者の商標またはサービスマークである可能性があります。