Marshall Heilman(マーシャル・ハイルマン)

エグゼクティブ・ヴァイス・プレジデント、Managed DefenseおよびFLARE

Marshall Heilmanは、Mandiant Managed DefenseおよびFLARE(Front Line Applied Research & Expertise)担当のエグゼクティブ・ヴァイス・プレジデントとして、すべてのMDRサービスを担当し、最前線から得た脅威情報をFireEye製品およびMandiant Solutionsに組み込む責任を担っています。

サイバー・セキュリティ分野で19年以上の経験を有し、侵害調査およびレッドチーム・サービスを率いています。2014年のMandiantの買収に伴い、FireEyeに参加。直近では、すべてのインシデントレスポンスおよびレッドチーム・サービスの責任者をグローバル規模で務めました。

2006年にMandiantに加わる前は、米国海兵隊に所属し、情報セキュリティを専門としていました。アリゾナステート大学でMBAを取得し、メリーランド大学グローバルキャンパスにおいてコンピューターおよび情報科学専攻で学士号を取得しています。

Marshall Heilman(マーシャル・ハイルマン)