Kevin Mandia(ケビン・マンディア)

CEO(最高経営責任者)兼取締役

Kevin Mandiaは、2016年6月よりFireEyeのCEO(最高経営責任者)を務めており、同年2月に取締役に任命されています。それ以前は、2015年2月から2016年6月までFireEyeのプレジデントを務めていました。2013年12月、自身が2004年に創業したMandiantをFireEyeが買収したことに伴い、FireEyeの上級バイス・プレジデント兼COO(最高執行責任者)に就任しています。Mandiantの創業以前は、1998年から2000年までSytex(Lockheed Martinにより買収)で情報セキュリティ担当ディレクター、2000年から2003年までFoundstone(McAfee Corporationにより買収)でコンピュータ・フォレンジック担当ディレクターを務めました。以前はアメリカ空軍に在籍しており、国防総省・第7通信群のコンピュータ・セキュリティ担当将校、空軍特別捜査局(AFOSI)の特別捜査官などの役職を歴任しました。

米国ラファイエット大学でコンピュータ・サイエンスの理学士号、米国ジョージ・ワシントン大学でフォレンジック・サイエンスの理学修士を取得しています。

Kevin Mandia