John Watters(ジョン・ウォッターズ)

プレジデント兼COO(最高執行責任者)

John Wattersは、FireEyeのプレジデント兼最高執行責任者を務めています。2016年のiSIGHT Partnersの買収以降、FireEyeでさまざまな役職を歴任しています。2020年5月から2021年4月にかけてコンサルタント、2020年4月から2021年4月にかけてはFireEyeの諮問委員会の会長を務めています。2018年2月から2020年4月まではエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼最高戦略責任者、2017年1月から2018年1月まではグローバル・サービスおよびインテリジェンス担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントを務め、2016年3月から2017年1月にはiSIGHTのプレジデントを務めました。

FireEye以前は、iSIGHT Partnersの設立者、会長、プレジデント兼最高経営責任者として、2006年11月から2016年2月にかけて経営にあたりました。それ以前は、セキュリティ・インテリジェンス企業iDEFENSEの会長兼最高経営責任者を務めていました(2005年、VeriSignに売却)。また、2020年4月から2021年4月にかけては独立ビジネス・コンサルタントを務め、1998年より投資会社Dorset Capital Corporationの設立者兼ディレクター兼プレジデント、2000年より市街地の教育を支援する非営利組織STAIRS Programの設立者兼ディレクター兼プレジデントを務めています。

サンタクララ大学でファイナンスを専攻し、理学士号を取得しています。

John Watters(ジョン・ウォッターズ)