Webセミナー:攻撃者を見つけ出す本物のハンティングとは

~SolarWindsを狙ったSUNBURST/UNC2452を例に~

侵入前提の対策として、また、EDRの活用方法の一つとして、脅威ハンティングの重要性が叫ばれています。隠れた攻撃者の痕跡を見つけ出す脅威ハンティングには、深い経験と攻撃者に関する知見、そして職人技にも似た手腕が求められます。

本Webセミナーでは、FireEyeがその存在を世界で初めて発見し、対策を広く発表したことでも話題になった、SolarWindsを狙ったマルウェア、SUNBURSTおよびその攻撃母体と目されるUNC2452に対しFireEye/Mandiant が実際にお客様を対象に実施した、脅威最前線におけるリアルな脅威ハンティングについて説明します。

SOCアナリストをはじめとするセキュリティ運用に関わる方、EDRを活用しきれていないと感じている方、いまご利用のMDRのハンティングサービスに不満をお持ちの方にお役に立てるwebinarです。奮ってご参加ください。

開催概要

セミナー名: <Webセミナー>
攻撃者を見つけ出す本物のハンティングとは~SolarWindsを狙ったSUNBURST/UNC2452を例に~
日 時:
2021年4月8日(木)16:00~16:40
会 場: オンラインセミナー(ネクプロ)
費 用: 参加費無料(事前登録制)
講演者:
ファイア・アイ株式会社  
ソリューションズ・アーキテクト 谷村 透
シニア・コンサルタント 小池 晃

※こちらから事前登録をお願いします。メールで視聴案内をお送りします。
※競合他社様、個人および学生の方のご参加はお断りさせて頂く場合がございます。