特殊化学品メーカー

特殊化学薬品メーカーがIT/OTインフラ全体でセキュリティの継続性を維持

FireEyeのソリューションが人員、プロセス、テクノロジーを活性化

わずかなミスが壊滅的な被害につながる製造分野では、従業員、地域コミュニティ、そして環境に対する真摯な取り組みが何より重要になります。特殊化学薬品の大量生産と安全なオペレーションとを両立させるには、従来の事務部門の情報テクノロジー(IT)とオペレーション・テクノロジー(OT)の両方を含む、非常に多くの要素から成るグローバル・インフラが必要になります。このOTには、バルブの制御など工場のオペレーションに必須の産業制御システム(ICS)、プログラマブル論理のコントローラ、SCADAシステムなど、多くのものが含まれます。

メーカーは、ITドメインだけでなく、OT環境のインフラ上に製品が存在しているため、サイバー攻撃の格好の標的となります。同社の最高情報セキュリティ責任者(CISO)は次のように説明しています。「当社では、非常に不安定な物質を工場内で移動させることが多いため、こうした物質の温度や量、圧力の監視と管理を行う制御システムが一部でも侵害されると、大きな被害につながる恐れがあります。最終的には人命にも危害が及びかねません」

このCISOは、IT/OTのハイブリッド環境のサイバー・セキュリティに関する包括的なアプローチには、OTの進化についての認識を深め、ITとの相互接続性を高めることが必要だと考えました。従来、ITセキュリティにはCSOやCISOが重点的に取り組んできましたが、OT機器のセキュリティの責任は、プロセス制御エンジニアとオペレーション設備のメーカーの努力に依存してきました。インフラの統合が進み、クラウドやインターネットに接続されたテクノロジーが登場してくる中で、組織はサイバー・セキュリティのあり方を考え直す時期にきています。

利点

  • 1つのプロバイダーからセキュリティ・ソリュー ションを導入し、ハイブリッドな環境下で包括的な保護を実現

  • 単一のダッシュボードを使用して、IT/OTトラフィックをまとめた統合モニタリング

  • FireEyeが提供する環境データにより、リスク診断とセキュリティ投資のコスト分析を実施

  • 直感的な設計のソリューションにより、新規の担当者の習得がスピードアップし、リソース効率が大幅にアップ

"FireEyeは当初から、実に素晴らしいチームを当社に提供してくれました。私は25年間サイバー・セキュリティに携わっていますが、FireEyeのアカウント・チームはおそらく、これまでに出会った最高のチームです”

- 最高情報セキュリティ責任者、特殊化学薬品メーカ

ソリューション関連リソース

さあ、今すぐ始めましょう。

FireEyeのソリューションやその導入方法など、疑問点は何なりとお尋ねください。
当社が誇るセキュリティの専門家が、いつでもお答えできるよう準備してお待ちしています。

+81 3 4577 4401 +1 888-227-2721 +61 281034308 +32 28962867 +1 877-347-3393 +971 45501444 +358 942451151 +33 170612726 +49 35185034500 +852 3975-1882 +91 80 6671 1566 +353 (0)216019160 +39 0294750535 +03 77248276 +52 5585268207 +31 207941289 +64 32880234 +48 223072296 +7 4954658084 +65 31585101 +27 105008408 +82 7076860238 +34 932203202 +94 788155851 +46 853520870 +886 2-5551-1268 +27873392 +44 2036087538 +842444581914