セイコーエプソン株式会社

メールとWebの監視で、入口と出口の両方を守る

常に変化する「今の脅威」に耐えられるセキュリティソリューションを導入し、顧客情報と知的財産の流出を防ぐ

自社製品開発に関わる知的財産が多く、その情報流出が会社の事業に極めて深刻な影響を与える製造業。セイコーエプソンでは、製品の知的資産、そして顧客情報を保護するべく、常に世の中の脅威状況をチェックし、定期的にさまざまなセキュリティ対策製品を検証してきた。ここ数年、標的型攻撃が増加し、特に製造業がその主なターゲットになっていると認識した同社では、ファイア・アイが提供するメール対策とWeb 対策製品を導入、入口と出口の両方から標的型攻撃対策を実施した。

"メールが標的型攻撃の入口になるケースが多いことは、昨今の事件を見れば明らかです。少しでもメールにより社内に侵入するマルウェアを減らすために、EXシリーズを導入しました”

- 小坂 賢 氏, セイコーエプソン株式会社 IT推進本部 情報化推進部 部長

ソリューション関連リソース

さあ、今すぐ始めましょう。

FireEyeのソリューションやその導入方法など、疑問点は何なりとお尋ねください。
当社が誇るセキュリティの専門家が、いつでもお答えできるよう準備してお待ちしています。

+81 3 4577 4401 +1 888-227-2721 +61 281034308 +32 28962867 +1 877-347-3393 +971 45501444 +358 942451151 +33 170612726 +49 35185034500 +852 3975-1882 +91 80 6671 1566 +353 (0)216019160 +39 0294750535 +03 77248276 +52 5585268207 +31 207941289 +64 32880234 +48 223072296 +7 4954658084 +65 31585101 +27 105008408 +82 7076860238 +34 932203202 +94 788155851 +46 853520870 +886 2-5551-1268 +27873392 +44 2036087538 +842444581914