fe_new_site_8_responsive

セキュリティ有効性を
継続的に検証

現状を正しく把握し、未来に備える

Security Effectiveness Report 2020

サイバー世界の現実をより深く知る

Mandiantの最新の調査では、攻撃の53%が検知されずに組織内に侵入したことがわかっています。 IレポートまたはオンデマンドのWebセミナーで、以下について説明しています。

  • 123に及ぶ市場トップのセキュリティ・テクノロジーに対して実行された数千件の攻撃に基づく主な指標
  • セキュリティの有効性を継続的に証明するエビデンスベースのアプローチ
  • セキュリティ対策を簡略化、標準化、最適化する方法
Report: Deep Dive Into Cyber Reality
Webセミナー:ビジネス視点で考えるセキュリティ有効性検証の価値と活用のヒント

サイバー・セキュリティ対策の有効性戦略

Webセミナー: ビジネス視点で考えるセキュリティ有効性検証の価値と活用のヒント

攻撃が高度化・複雑化するにつれ、増え続けるセキュリティツールと投資。効果的なセキュリティ対策を行うために、対策や投資が想定通りの成果を上げているのか、あるいは最新の脅威に対して効果があるのかを確認する手段が必要になっています。本セッションでは、自社におけるサイバー・セキュリティ対策の有効性を測定、テストし、改善するプラットフォームMandiant Security Validationについて、先進的ユーザの取り組みを交えてご紹介します。

お客様のコメント

“Mandiant Security Validationプラットフォームを導入したことで、潜在的なセキュリティ脆弱性を特定し、防御体制の質をほぼリアルタイムで評価できるようになりました”

- SOCマネージャー, 米国の大手鉄道会社

industry-transportation-logo

導入事例(英語)
大手鉄道会社のネットワークがサイバー・セキュリティの予防的アプローチを導入

fe_new_site_8_responsive

セキュリティ有効性を 継続的に検証

セキュリティ対策の真の効果を継続的に測定しましょう。

最前線で活躍するインテリジェンスの専門家が700人以上、
65か国32言語で事業を展開、業界で20年以上の経験を有する「1社」をパートナーにしませんか。