fe_new_site_8_responsive

セキュリティ有効性を
継続的に検証

現状を正しく把握し、未来に備える

Security Effectiveness Report 2020

サイバー世界の現実をより深く知る

Mandiantの最新の調査では、攻撃の53%が検知されずに組織内に侵入したことがわかっています。 IレポートまたはオンデマンドのWebセミナーで、以下について説明しています。

  • 123に及ぶ市場トップのセキュリティ・テクノロジーに対して実行された数千件の攻撃に基づく主な指標
  • セキュリティの有効性を継続的に証明するエビデンスベースのアプローチ
  • セキュリティ対策を簡略化、標準化、最適化する方法
Report: Deep Dive Into Cyber Reality
Security Effectiveness Strategies:  How to Validate and Improve Your Security Posture

サイバー・セキュリティ対策の有効性戦略

ウェブセミナー: セキュリティ体制の検証と改善方法

進化する脅威の一歩先を行くには、プロセスとテクノロジーの両方を、継続的に改善する必要があります。 Jル・D・マシューズ米国空軍将官(Gen. Earl D. Matthews)(退役)と、インテリジェンス・コンサルティング部門の上級マネージャー兼グローバル統括を務めるジェフ・コンプトン(Jeff Compton)によるWebセミナーでは、以下について検討しています。セキュリティ戦略を進化させる方法, 関連性のある脅威インテリジェンスへのアクセスを持つことの重要性, そして進化する攻撃者に対する防御力の検証テクノロジーの利用。

eBook

コンテキストの持つ価値とは

脅威データとサイバー脅威インテリジェンス(CTI)の違いを理解して、甚大な被害をもたらすセキュリティ侵害を防ぎます。攻撃の最前線で得られたインテリジェンスを用いて的確な対処をし、セキュリティ体制を改善します。

eBook: Using Threat Intelligence to Increase Security Effectiveness

お客様のコメント

“Mandiant Security Validationプラットフォームを導入したことで、潜在的なセキュリティ脆弱性を特定し、防御体制の質をほぼリアルタイムで評価できるようになりました”

- SOCマネージャー, 米国の大手鉄道会社

industry-transportation-logo

導入事例(英語)
大手鉄道会社のネットワークがサイバー・セキュリティの予防的アプローチを導入

fe_new_site_8_responsive

セキュリティ有効性を 継続的に検証

セキュリティ対策の真の効果を継続的に測定しましょう。

最前線で活躍するインテリジェンスの専門家が700人以上、
65か国32言語で事業を展開、業界で20年以上の経験を有する「1社」をパートナーにしませんか。