ブログ(製品・サービス関連)

FireEyeが米国のマネージド検知・対応(MDR)サービスのリーダーに認定

数年ごとにセキュリティ脅威の状況は変化しています。企業は、現在の脅威と明日の新たな脅威から身を守るための変革が必要です。2021年には、ゼロデイ脆弱性、ランサムウェア、恐喝、サプライチェーン攻撃などが、あらゆる業界の企業を悩ませています。また、経営陣の間ではセキュリティが引き続き重要なテーマとなっています。これらのことから、企業は自社のブランド、製品、顧客を守るために、セキュリティ対策に真剣に取り組まなければならないことがわかります。多くの企業は、既存のセキュリティ機能をマネージド検知・対応(MDR)サービスで補強することは、経済的にも意味があり、また、自社では構築・維持できないレベルの保護を提供できることを認識しています。効果的なMDRサービスは、最新かつ最前線のインテリジェンスを活用して、アラートの優先順位付けと処理を強化し、包括的な脅威のハンティングを行い、検知と対応を高速化する必要があります。FireEyeのマネージド検知・対応(MDR)サービスであるMandiant Managed Defenseは、即時の脅威や新たな脅威に対して、このレベルの可視性と専門知識を提供します。

本日、IDCは、2021年度のIDC MarketScape 「U.S. Managed Detection and Response Services Market 2021 Vendor Assessment」(Doc # US48129921、2021年8月)において、FireEyeをリーダーに選出しました。

IDC MarketScapeでは、私たちの製品と競合の主な違いが挙げられています。

  • Mandiant Automated Defenseが提供する機械学習と統合された推論によって加速されたMandiant Threat Intelligenceによる検知機能。
  • OT (Operational Technology) パートナーからテレメトリを監視し、OTのお客様に検知、カスタマイズされた脅威インテリジェンス、脅威ハンティング、応答を提供する能力。
  • マルチアプリケーションであるMandiant Advantageプラットフォームを通じて、最新の攻撃者の戦術にアクセスできるなど、顧客に可視性を提供する。
  • 脅威インテリジェンスと統合された検知機能、導入の容易さ、脅威ハンティング、専任コンサルタントによるサポートなど、サービス全体に対するお客様からの肯定的なフィードバック。

Managed Defenseは、脅威情報の提供者と消費者として、またMandiant Consultingのパートナーとして、そして現在はアラートのトリアージの自動化と高速化のためにMandiant Automated Defenseと統合されており、Mandiantの一意の面を担っています。このような進化により、Managed Defenseは、FireEyeのテクノロジー・スイートのみをサポートしていたサービスを、Microsoft Defenderなどのサードパーティのテクノロジーも含めて拡大することができました。

継続的改善への専念の一環として、今年初めにプロアクティブな脅威探索プログラムを大幅にアップグレードしました。このプログラムは、お客様のニーズを満たすためにお客様と協力して設計され、また当社の脅威研究者やインシデント・レスポンダーと協力して、最も忠実な結果が得られるようにしました。管理された防御脅威のハンティングは、当社の信頼できるインシデントレスポンス(IR)プラクティスからの最新の脅威インテリジェンスと、当社の膨大なテレメトリ全体にわたる脅威研究によって強化されたハントで構成されています。お客様は、MITRE ATT&CK® フレームワークにマッピングされた結果をもとに、何をどのようにハンティングしているかを知ることができます。また、Mandiant Advantageポータルを通じて、Mandiantが現在ハンティングしている攻撃者グループやテクニックについて知ることができます。

今回、IDC MarketScapeの米国MDRサービス部門で「リーダー」と評価されたことをうれしく思います。これは、既存のサービスの強さと、サービスを加速させ、あらゆる場所のお客様に影響を与える脅威に対する可視性を高めるための継続的な改善への取り組みを証明するものです。

イベントが見出しを飾る前にお客様を保護することは、Managed Defenseにとって日常的なことです。昨年だけでも、新聞の見出しに載るか載らないかに関わらず、SolarWindsSonicWallPulse Secure、およびMicrosoft Exchangeなどの重要なイベントからお客様を保護しました。最近では、KaseyaのVSAソフトウェアをターゲットにしたランサムウェアのキャンペーンから、50社以上のお客様を保護しました。その中には、マルチブランドの外食企業も含まれており、Managed DefenseのエキスパートがCISOに彼らの環境にソフトウェアが存在することを警告しました。

この企業をはじめとする多くの企業の安全を守ったのは、Mandiantチームの地道な監視と迅速な対応のおかげです。私たちは、攻撃者の間で出回っている脆弱性を特定し、緩和することで、お客様を積極的に保護するために、お客様とのたゆまぬ努力を続けています。Managed Defenseは、通常であれば検出されないような重大な脅威を発見しただけでなく、大規模な対応を迅速に行い、お客様の環境全体に最先端の脅威ハンティング・キャンペーンと検出を展開しました。

IDC MarketScapeにおいて、Managed Defenseが米国のマネージド検知・対応(MDR)サービスのリーダーとして評価されたことに感謝します。MandiantのManaged Defenseは、攻撃者の調査を検知・対応に統合するスピードと規模、そして日々攻撃者と戦ってきた経験という両方の点において、他に類を見ないものです。私たちは、リーダーの地位にふさわしいように、明日の脅威に先んじてサービスを急速に革新していきます。

 

本ブログは機械翻訳(MT)を使用して翻訳しています。原文と翻訳版の意味、文言が異なる場合は原文を有効とします。

原文:August 23, 2021 「FireEye Recognized as a Leader in U.S. Managed Detection and Response Services