ブログ(トレンド&インサイト)

The Big Four: 北朝鮮のエピソード

2021年、北朝鮮、イラン、中国、ロシアを「the big four」と定義してフォーカスする、国家に関するミニシリーズ「Eye on Security」を開始しました。今回は、Mandiant Threat Intelligenceのシニア・アナリストであるFred Planをポッドキャストに招き、北朝鮮について語ってもらいました。

Fredは、国家の背景から説明を始め、地理的な運用方法、そして彼らがサイバー機能に焦点を移した理由を説明しました。また、主に韓国を標的とした初期のサイバー・オペレーションと、ソニーのハッキングを受けた米国民間セクターへの拡大についてもレビューしました。その後も北朝鮮は、金銭目的およびスパイ活動(エスピオナージ)関連で、引き続き積極的に活動しています。

北朝鮮のサイバー・オペレーションが独特なのは、国が閉鎖されていることによります。彼らのサイバー・オペレーションでは、ターゲティングが急速に変化しており、これは国家の要請を受けている可能性が高いです。最近では、COVID-19の研究とワクチンの配布を標的にしたことがわかりました。北朝鮮では、COVID-19の事例について公表されておらず、このサイバー上での動きは、国家ぐるみで実際に行われている可能性のあることを示しています。

いつものように、ある地域または攻撃者から見えてくる予測をしたいと思います。今回Fredは、北朝鮮が次に何をするかを知ることは非常に難しいと述べています。エピソードを聞いて、その理由を探ってみてください。

 

本ブログは機械翻訳(MT)を使用して翻訳しています。原文と翻訳版の意味、文言が異なる場合は原文を有効とします。

原文:January 11, 2021 「The "Big Four": Spotlight on North Korea